シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  2013年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やせよっかなって思ふ


妙齢なお年頃になると、なかなか体重が落ちなかったります。
私は、ちょっと暴飲暴食をしても2キロくらい太って、気が付くと元にもどっています。
逆に少しやせたとしても、気が付くとまた太っております。

前、半年で6キロやせたことがありました。
前って、もう13年も前なんですけどね。

その頃は、鍼灸マッサージ師の免許取ったばっかりで、
平日は事務職、土日はマッサージのアルバイト、
国家試験太りをしてしまい、3か月で4キロ太っておりました。

もう、専門学校の卒業式の写真は見れたものではありませんでした。
本当、なんだか顔が丸すぎて大きいし……。


土日のアルバイトはサウナでのマッサージでした。
サウナって湿度が高いから、1日いてマッサージの仕事をするだけで2キロ落ちます。
でも、基本的に水分が抜けるだけなのですぐ戻るのですよ。

ただ湿度が高い中での仕事なので、体力と筋力はつきました。
平日も、国家試験の勉強ですっかりなまけてしまった身体を鍛えるべく、
一日1万歩は必ず歩くようにしていました。

半年間、休みは祝日のみ。

食べるものを食べていても、1か月1キロずつ落ちていきました。

その際、面白い発見がありました。
足を細くしたい場合、内転筋(内側にしめる動きをする筋肉)を使うときれいに足が細くなります。

また、二の腕を細くしたい場合、肘で物を押すような動きをするとこれもきれいに細くなります。
まぁ、サウナのマッサージでこの動きをよくしていたのです。

ガタイが大きい方の場合、背中に乗っていいと言われていたため、背中に乗っておりました。
背骨の両脇に足がくるようにしていたため、その姿勢がまさしく内転筋を使う動き。

また、同じくガタイがいい方、もしくはかなり強く押してほしい方へ肘で対応していたため、
二の腕がきれいに細くなりました。


結果、やせるだけではなく、細くしたいところが細くなるという「いい痩せ方」をしたのでした。

まぁ、そのあといろいろあって(長すぎるため省きます)7キロ太ってしまいました。
ただ、すぐ戻ったわけではなく5年くらいの間に太っていきました。

別に太っていても調子が良ければいいと思うのですが、
妙齢になってくるとこれからの老後に向けてちょっと考えなければいけません。

骨の成長が止まるのはだいたい18~20歳ぐらいです。
このあたりの体重をもとに身体の屋台骨である骨が作られていきます。

なので、この時の体重が50キロだったとした場合、
この10%(この場合は5キロ)以上増えると、将来的に膝に負担がかかります。

膝が悪くなると運動するのが難しくなってくるため、できればそうなる前に体重は落としておきたい。
ちょっとくらい太めの方が健康だから……はその年齢(18~20歳)その体型であれば問題ありません。
でも、細かった場合はあまりよろしくないと思います。


やせるためには、食事を減らして、運動してとなるわけですが、
心理面も働きますから、そっちの解決もしないとね。


私は食べ過ぎて体重が増えましたか …… Yes

運動不足で太りましたか …… Yes 

心理面の問題で太りましたか …… Yes

何か足らないものを埋めるために食べましたか …… Yes


現在老眼と戦っているわけですが、自分の太ってしまった心理面とも戦いたいと思います。

老眼は、少しずつよくなっています。
ただ、一進一退みたいな状況です。こっちも頑張ります。

スポンサーサイト
[ 2013年08月29日 22:14 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)

私は私の世界を創る

Star PeopleのCDを聞きました。

意識レベルは …… 1770(高いです)

これから聞かれる方も多いと思われますので、
内容については書きませんが、
私の感想は、「いろいろな部分で自分が思っていたのとは、違う視点が必要」ということでした。

スピ系セミナーでこのお話をしたら、
きっと商売あがったりだろうなと思います。

私はかなりいろいろなスピ系セミナーに行きました。
もう30代はそれに費やしたといってもいいくらいです。

セミナーは行った直後はとてもテンションが高くなって、
なんもできそうな感じがします。
スピ系って自己啓発と同じですもんね。

もちろん、役にたっている情報やテクニックもあります。
今思うのは、そのセミナーの先生の世界にあるもの(トビ道具的なもの)を教えてもらって、
自分の世界にはないものを一生懸命得ようとしていました。
でも、スピ系があざといのは、その道具がないと
波動の上昇なり、アセンションなりができないと教えることです。
そんなことはないんですけどね。


例え家族であっても、見ている世界はみんな違います。
赤の他人ならもっとです。
ほかの人が私の世界を創ることはできないのですよね。
自分の世界は自分で創らなければ……と改めて思ったのでした。

[ 2013年08月25日 22:29 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

パシフィック・リムを見に行きました

しずさん、ゆみさんがおすすめしていた「パシフィック・リム」を観に行きました。

CGすごい!! 
ロボットアニメが好きな方は観に行ったほうがいいです。
面白いですよ。
こういうのは大きい画面で観ないとね。
1年前くらいに「トランスフォーマーシリーズ」をテレビで観て、大きい画面で観なかったことを後悔したので、
これは映画館で観られてよかったです。
テレビ画面じゃ、怪獣も怖くないし。

ゴジラ要素や、マジンガーZ要素、エヴァンゲリオン要素、主人公のロボの形は鉄人28号要素が入っています。
ストーリー的には、インディペンデンス・ディも入ってますよ。
私的には、好きな俳優さんが出ていたのもツボでした。
親子設定で出ていた親役の俳優さんなのですが、アメリカのテレビドラマによく出ているのですよ。
刑事役だったり、軍人役だったりしますがわりとかっこいいのです。
「お~、映画に出ている。よかったね」と思いながら観ておりました。
あと、ifさんが笑ってしまったところはどこなのかなぁと思いながらも観ておりましたが、
「ここっ?」というところが3か所くらいありました。
でも、どうなんだろう。そんなにゲラゲラ笑えるところはなかったような……。

しかしCGはすごくなってきましたね。
初3D映画だったのですが、そんなに3Dっていう感じがしなかったです。
映画のチケット買う時に「観やすいところがいいんですが」と言ったら
「3D要素を強くしたいなら前の方をお勧めします。そうじゃない場合でしたら後ろの方の席がよいかと」
と言われたため、迷わず後ろの方を選びました。
一緒に行った友人は「音がすごくて、いちいち反応しちゃった」と話していましたが、
私はそんなに気にならなかったのですよ。
席は隣だったのですが、ちょっとの違いで音の響きが違ったのかなぁ。
それに後ろ過ぎたのか、3D要素は確かに少なかったので次回はもうちょっと前に座ろうと思います。

監督さんが、「パンズ・ラビリンス」を撮った方ということで、きっと変わった映画に違いない
と思ったのですが、ストーリーはいたって単純でした。

「パンズ・ラビリンス」ってすごく映像が不思議な怖い映画でした。
なんだか今回の「パシフィック・リム」とは全然雰囲気が違いました。

本編が始まる前に「第9地区」を撮った監督さんの次作映画「エリジウム」の予告編を観たのですが、
これがちょっと面白そうだなと思っています。
お金持ちは地球の外につくられた「エリジウム」に住んでいて、貧乏人は地球に住んでいるという設定になっています。
マット・ディモンとジョディ・フォスターが出ているんですよね。

ジョディ・フォスターの「コンタクト」も面白かったけど、あれもそれこそ、「ヘミシンク」に似た状態で
意識のみ宇宙空間に行ったということだったのでしょう。
それを思うと、原作者のカール・セーガン博士も実は宇宙に行っていたのかもしれませんね。

聞いてみましたペンジュラム。

カール・セーガン博士は意識だけで宇宙に行ったことがありますか …… No

誰かの体験から書きましたか …… No

そういうプロジェクトがあるのですか …… Yes

へぇ。アメリカ(だけじゃないかもしれないけど)はいろんな研究してそうですね。
サイキックなどを使って、いろいろやっているのかも。


しかし、今日の映画の「怪獣」は日本の怪獣と違って怖かったです。
日本の怪獣は草食系で、アメリカの怪獣はやっぱり肉食系だな。

[ 2013年08月22日 21:05 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(2)

はだしのゲンの閲覧制限はおかしい  追記があります

「はだしのゲンはピカドンを忘れない」という本を初めて読んだのは、中学生の頃でした。

夏休みの読書感想文を書く本を何にしようかと選んでいて、この本を見つけました。

手元にないので、はっきりと覚えていないのですが、
半分くらい漫画だったような記憶があり、
先生に怒られるかと思いきや、「いい本を選んだね」と言われました。

原爆の被害にあった方々が、水を飲みたがり、
でも水を与えるとすぐに死んでしまうことや、
皮がはがれ、まるで幽霊のようにして歩く人々の描写など
今でも強烈に残っています。

中学生には強烈な本でしたが、でもそれだから読むなとは思いません。

広島の原爆資料館でも、被ばく者をイメージした人形が怖いので撤去するということが話題になりました。
2016、17年のリニューアルの際に撤去する予定だとか。
私はあの人形を見た時に「はだしのゲン」を思い出しました。

確かにあの人形は怖いけれど、でも撤去していいのか。

なぜ今この時期に漫画の閲覧制限と
人形の撤去が重なるのか。

都合の悪い人がいるんでしょうかね。
日本人にとっては、いずれも重要な戦争の記録です。


広島の原爆資料館に行く前に、
長崎の方を先に見たのですが、
長崎の資料館は途中で気分が悪くなってしまいました。

展示物を見て気持ちが悪くなったわけではなく、
平衡感覚がおかしくなってしまったのです。

まっすぐ歩けない……。

一緒に行った友達に外で待っていると伝えて、先に出ました。

私は外に出るとさっきまでの感覚がうそのように治ってしまいました。
そして、その時ふっと「私は長崎で被ばくしたのかもしれない」と思いました。

その頃の私はかなりの現実主義者でしたから、
そんなことを自分が思うのはおかしいと思いました。


さて、その時の疑問をペンジュラムで聞いてみました。


私は前世、長崎で被ばくして死亡しましたか …… Yes

私は3歳の男の子でしたか …… Yes

今の日本人は、広島長崎で被ばくして、わりと早い時期に
生まれ変わっている人が多いですか …… Yes

それは、原爆の怖さを知らしめるために犠牲になったということですか …… Yes


結局この犠牲に意味はあったんでしょうかね。
日本人はもうちょっと行動しないとダメかもしれません。


8月22日追記
今日、友人に「はだしのゲンは、タマさんが思っているような内容じゃないと思う」と言われて、確かに漫画そのものは読んでいないこと、また、私が読んだ「はだしのゲンはピカドンを忘れない」ですが、30年以上前に読んでいて、原本は手元にない状態であり、確認しないで書いたことなどから、きちん現物を読んでからまた改めて記事を書こうと思います。
適当なことを書いてしまってすみません。

[ 2013年08月20日 23:14 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

メッシのケガ

サッカーのスペインリーグが昨日から開幕しました。
今日の夜は、大好きなバルセロナの開幕戦があります。

試合開始時間が微妙(深夜1時40分)なので起きて観ることはできなさそうです。
残念。

バルセロナで好きな選手は、現在世界最高峰選手といわれているメッシと
司令塔のチャビなのですが、昨シーズンにメッシがめずらしくケガをしました。

メッシはもともとケガが多かったのですが、食生活を改めたのと
腕のいいトレーナーが付いたことで、この数年はあまり大きなケガをしていませんでした。

でも、昨シーズンは4月にケガを負い、シーズン終盤は試合に出ることができませんでした。

この際、気になったのは彼が左足に入れた刺青。3月末に入れたようで、ケガをしたのは4月。


刺青って、肝臓に負担かかるんです。
身体にしてみたら、これは傷ですし、入ったインクを排除しようと肝臓や腎臓が頑張ります。
特に頑張るのが肝臓。

東洋医学でいうところの肝は、筋肉を支配する臓器です。


ケガは刺青のせいじゃ……。


ペンジュラムで聞いてみました。


メッシのケガは刺青のせいですか …… Yes

影響は1年くらい続きますか …… No

3年くらい続きますか …… Yes


もともと絶妙なバランスでボールを操っているメッシ。
やっぱり刺青入れたのは間違いじゃないかなぁ。

もともと背中にも入っているのですが、その刺青をいつ入れたのかはわかりませんでした。
ちなみに、左足の刺青は息子の名前で、背中は母親の顔です。

今回、開幕前にも足をケガしたメッシ。少し前に行われたアルゼンチンの代表選に出られませんでした。
スペインリーグの開幕戦は間に合うようですが、なるべく長く彼のすごいプレーを見たいので、
これ以上、刺青は入れないことを祈る。

[ 2013年08月18日 22:19 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

京都にお水取りに行く

7月18、19日とお水取りに行きました。
今回は、私の星にとって西方位が吉方位だったため、
東京から見ると西に当たる京都に行きました。


お水取りは、年、月、日、時間の4つで吉方とならないと行けません。

私は生まれた月の気学の方位盤で、あまりよくない星がついているのが西方位です。
いい方位を取るといっても、自分にとって良くない方位(西)のいいエネルギーを取り込むことで、
マイナスを±0くらいにすることが目的です。


前回は4年前に西方位が良かったので取りに行きました。
西方位のいいエネルギーとして言われているのが、
「お金、商売、恋愛、結婚」などです。

お金に関しては、かなりいいエネルギーが働いてくれたと思います。
年収で100万円くらい上がりました。
まぁ、ただお水を取ったからと言って、それですべてが好転するというものでもないです。
でも、いい方位のエネルギーが加担してくれると言われています。
前回の年収アップは、契約社員だったものが、正社員になったからだったのですけどね。


さて、お水取りですが午前中のお水を取ります。

この時間も自分の星と相性がいいものでなければなりません。
今回は11時~1時。
なので、11時から12時の間のお水をいただきました。

お水取りで一番いい時間は、7時~9時ぐらいでしょうか。
それ以上早い時間だと、神社が開いていなかったりする場合もあります。
また、昼12時以降のお水は取れません。

今回は、京都の貴船神社にお水取りに行きました
(ペンジュラムで聞いてみたところ、今回は「ここ」で取れと出ました)。

貴船神社


貴船神社1

お水は2リットル取ります。
貴船神社のお水は冷たくて、おいしいです。

貴船のお水

このお水を少しずつ飲んで方位のエネルギーを取り入れるのが、お水取りというものです。

この貴船神社のお水、かなり気温が高い中、鞄に入れて持ち歩いても2時間近く冷たい状態を保っていました。
不思議なお水です。


貴船神社は、奥の院もあるのでそちらにも行ってみました。

神社のお社も前回伺った時よりだいぶきれいになっていたのですが、
奥の院もきれいになっていました。
前に来たときは、お社が結構ボロボロで、後ろの山がとっても怖く感じました。
丑の刻参りがされていたところだけあるなぁって思ったのですが、
今回きれいになって、その怖さは消えてしまったように感じました。

貴船奥の院

そして、奥の院の隣にある場所のほうが、何かありそうでした。

貴船奥の院隣


ちなみに、京都ではほかに
晴明神社や、上賀茂神社にも行きました。
また、水族館が好きなので、以前から気になっていた京都水族館にも行きました。

京都水族館


ペンギンの生態などを説明してくれるコーナーがあったのですが、
そこで担当していた飼育員さん。
まだ学校出たてというくらい若い男性でしたが、
ペンギンが本当にかわいいらしく、楽しそうに仕事をされていました。

ペンギンもかわいかったし、イルカもかわいかったけど、
一生懸命で、しかも楽しそうに仕事をしていたその飼育員さんに癒されました。

自分の子供がこんな顔して働いていたらうれしいなぁ、などとお母さん気分になって
「頑張れよ~」と心の中で応援してしまいました。



さて、お水取りから帰って1週間もたたないうちに、
1万円の不労収入がありました。

増えたらいいけど、まぁ、私の努力しだいでしょう。
お水取りだけでどうにかなるものではないですが、
自分の弱い部分のエネルギーを取りに行くという積極的な行動が、
何かを動かすきっかけにはなるのかなと思うのです。

[ 2013年08月16日 23:16 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

仕事は修行?

MASATO in Koyaの一枚目のCDを聞いていて、
「今の時代のサラリーマンで、合わない仕事をしている人はすごい修行をしています」
ということをお話ししていました。強いストレスを生み出すのが修行で、
それはクンダリーニ覚醒をしているのだそうです。
山籠もりなんて、修行じゃないと。

それを聞いて「前の職場はまさしく修行の地だったな」と思った私です。

仕事の内容はそれほど嫌いではありませんでした。
むしろ好きな種類でした。

ただ、上司(50代女性)が……とってもひどい人でした。

率先して人の嫌がることをする人でした。
でも、それを「私は教育してやっている」と勘違いしていました。

自分以外はみんなバカで、みんな私の教育が必要だと
本気で思っている人でした。

なので、部下が関係者から褒められたりすると
それが許せない人でした。


そして、自分のお気に入りの部下には、
事あるごとに無理やりご飯をごちそうして、
「私ってなんていい上司」と悦に入る人でした。

それはごちそうされる側の都合など無視で、
病み上がりで油っぽいものなんて無理です~っという状態なのに
「今日は六本木のおいしい中華料理だから。大丈夫よね?」と言ったりするのです。
私は「はぁ。」と言ってしょうがなくくっついていくのでした。

私はこの上司のお気に入りで(基本自分の意見を言わなかったからです)、
よくご飯を食べに連れていかれましたが、
そのご飯の後に気分が悪くなって吐くか、下痢が止まらない事態になって、
たいてい次の日に会社を休むということを繰り返しました。

新人が入ってくると「新しい人にはうちのやり方を覚えてもらわないと」
と言って私に「ちゃんとしつけて頂戴ね」などと、
親でもない人がしつけるっていったい何様なことを平気で言う人でした。

今思えばこの上司は、自分だけが人で
部下は人以下の扱いになっていたのだなと思います。

そう思うと、すべてのことに合点がいくのです。


本当に、よくこんなところにいたな、私。


今この元上司に感謝しているのは、
ちょっとやそっとの仕事の状況では
めげたりすることがなくなったことです。

今の職場でも嫌なことはありますが、
前の職場に比べたら、話にならないくらいたいしたことはないです。

たぶん嫌なことに関する閾値がすごく上がったのでしょう。
いいんだか、悪いんだかっていうのもちょっとありますが、
修行の成果でしょうか。


ペンジュラムで聞いてみました。

この元上司はソウルメイトですか …… Yes

前世では私がいじめていたことがありますか …… Yes

お互い様なのでしょうか。

結局、好き、嫌いは関係なくいろいろに縁はめぐるのですね。

[ 2013年08月13日 22:27 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(2)

もっとお塩を!!

暑い日が続いておりますね。
夜になってもまったく気温が下がらないですから、
寝苦しいことこの上ない。

日本人は、もともと塩分過多ではありますが、
それでも最近は減塩しないと……ということで、
食べ物は塩分控えめのものが多いですよね。

ただ、汗をかいたりした後は、
塩分もとらないと熱中症にもなりやすいですし、
疲れやすくなるようです。

ポカ○スェットなどがいいということですが、
塩分よりも糖分のほうが気になります。
友達の歯科衛生士が「あれで虫歯になる子がとっても多い」
と言っておりました。

私も最近は甘いものよりしょっぱいものの方がおいしく感じます。

ご飯で塩分をちょっと多めにするというのが、
一番よいのかもしれません。


ご飯の塩分をそうそう増やすのはちょっとねという場合には、
よくご老人がやっている
「おしんこに醤油」などでもいいと思います。

でも、しょっぱ過ぎたらそれは取り過ぎです。
おいしいなぁと感じる塩分が
ちょうどよい塩梅なんだと思います。


[ 2013年08月12日 21:57 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)

ヨーロッパの方々の偉い人の意識レベル

日本の総理大臣は、昔は結構高い方もいらっしゃいましたが、
最近はどんどん下がり傾向。

じゃ、ヨーロッパはどうだろう。
アジアの隣国はちょっと前に測ってみましたが、
かなり低い結果になりました。

ヨーロッパも、主要な国しか測っていません。
というのも予想よりかなり低かったため、
ゲンナリしてしまったからです。


また、元首が国王や女王の場合は測っていません。


イギリス
首相 239

フランス
元首 232
首相 238

ドイツ
元首 221
首相 237

イタリア
元首 248
首相 237

スペイン
首相 201

ギリシャ
元首 168
首相 141


番外編

イタリア前首相 238

ロシア
元首 247
首相 243


250以下しかいない……。
日本もミンスの時は低かったわけですが、
日本ほどコロコロ変わったりしませんしね。

狙っているように、似たような数値ですね。
私の嫌いな元上司(252)より低いって


とんでもなく自己中な方たちなんですね。


そして、この分ではギリシャは経済危機からは抜けられないでしょうね。
きっと国のことよりいかに自分の資産を守るかということしか
考えていないのではないかと思います。

スペインも危ないしなぁ。

日本もとりわけ高いわけではないので、
もっと心してほしいと思います。

そして、イギリスとフランスの昔の方々。

イギリス
チャー○ル 195
○ッチャー 167

フランス
シ○ク   128
○ッテラン 137


まだまだ低いですが、ヨーロッパの方は進化中ですね。

日本人は退化中なのかな……。

[ 2013年08月09日 23:15 ] カテゴリ:時事問題 | TB(0) | CM(4)

歴代総理大臣の意識レベル

歴代総理大臣(気になる方のみ)の意識レベルを調べてみました。



明治
伊藤○文  501
黒○清隆  507
山縣○朋  482

大正
桂○郎   488
高橋○清  521
大隅○信  489

昭和
犬○毅   451
東○英機  511
吉田○   473
鳩○一郎  481
砂糖栄作  487
田中○栄  431
中曽根○弘 452
小泉○一郎 382
感直人   221
野田○彦  166
現在の方  351

感さんですが、今はちょっと高くなっているようです。
選挙ボロ負けで何か悟ったのでしょうか。

総理大臣なら、500以上ある人が理想ですが、
今の時代そういう方は政治家にはならないでしょうね。



[ 2013年08月06日 22:53 ] カテゴリ:時事問題 | TB(0) | CM(6)

無音の世界

もう10年以上前になります。
その頃同じ職場で働いていた人が、ダイビングのインストラクターになりました。
私は、その人の車に乗せてもらって職場から最寄駅まで送ってもらうことが多々あったのですが、
3回に1回くらい「ダイビングショップに寄ってもいい?」と言われ、
お付き合いで一緒にショップに行っていました。

その人がもうすぐ私と同じ職場を辞めて、ダイビングのインストラクターになるという頃、
誘われて体験ダイビングに行きました。

場所は大瀬崎


こんなところですという参考HPです。
http://www.osezaki.jp/


冬だったのですが、割と気温は高くて、しかも富士山がすごくきれいに見えていました。

ダイビングスポットなので、ダイバーがたくさんダイビングしており、結婚式を挙げているカップルもいました。
自分の知らない世界があるなぁと思って不思議な感じでそれを眺めていました。

体験ダイビングは、ウエットスーツや何やら必要なものを貸してもらって潜ります。
海の水温はだいたい2か月遅れの気温と同じくらいということで、1月のわりには想像していたよりだいぶ温かい感じでした。

そして、冬の海は透明度が高くて、すごくきれいでした。
それに少し潜っただけで、小さい魚が結構いるのです。
今でもよく覚えているのは、箱ふぐの小さいやつが「なんだお前」という目で私を見ていたこと。
「そうだよね、海は君の世界だから、私が侵入者だわ」
と素直に思いました。


少し深くなってくると、腰あたりに付けた錘がなぜだか左側の方が重く感じて、
そっち側に回転しそうになって、泳ぐのに疲れてきました。

また、だんだん深くなっていくのですが、酸素ボンベを付けていても、
3カキくらいで上にあがれないと怖いという感覚があったため
「そろそろ戻りたいなぁ」と思ってきていました。


そんな時、酸素ボンベのブクブクいう音などが一切聞こえない
「無音」の瞬間がありました。


何の音も聞こえない世界。

しかも目の前は青一色。


とても不思議な瞬間でした。

きっとダイビングする方は、こういうのはめずらしくないのでしょうけど、
普通の生活をしていたら、無音になることってないですからね。

この一瞬は、なんだかすごく感動したのですが、
でも、私は深いところに潜るのはたぶんできないので
(前世で窒息して死んだことがあるのでは……と思っています)、
この1回限りで後は潜っていません。

ということで、聞いてみましたペンジュラム。


私の前世の中で海でおぼれて亡くなったことはありますか …… No

前世の中で、水の中で窒息してなくなったことはありますか …… Yes


また、ダイビングってお金かかりますしね。
装備だけでかなりの額だし。

でもまたきれいな海で、体験ダイビングだったらやってもいいかなぁと思っています。


[ 2013年08月04日 23:37 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

好転反応

先日京都にお水取りに行きました。

お水取りとは、自分にとっていい方位に行き、
その方位で湧いているお水を飲むことで、
いいエネルギーを取り込むというものです。


ただ、今回はエネルギーを取る旅行というよりは、
どうも祓いに行ったのかなと思っています。

というのも、下鴨神社でみたらし祭に日程が当たったのは偶然ですし、
京都に行く前に行こうかと計画していた「矢田寺」というお寺があるのですが、
今回は無理かなと思い、またの機会にと思っていた時なぜだか道に迷い、
その際目の前に現れるという……。

この矢田寺は、苦痛を引き受けてくれるお地蔵さんがいらっしゃるのですよね。

矢田寺


三条と四条の間で、なぜだか三条の橋に行きたかったのに行けず、
こっち???などと迷っている時に「矢田寺」があったんですよ。

あ~、呼ばれているのですね。
私の厄を引き受けてくださるのかな
と思いお参りさせていただきました。


本当に神社もお寺も呼ばれないと行けないという。

下鴨神社も、まずお水取りの日程に合わせたので、
本当に偶然だったのですが、行ってよかったです。
ただ面白いことに、京都のことを調べている際、
一般の方の京都紹介ブログに昨年のみたらし祭の記事があり
「いいなぁ」と思っていたのですよ。
不思議。

下鴨神社



お水が冷たかったですが、なかなか神社の中の池など入れるものではないですから、
祓うという意味ではよいかなと思います。

ただ、好転反応なのでしょうか。
現在眠り病のようになっており、毎日仕事から帰ってくると
眠くて眠くて耐えられないような感じです。
休みの日もいくらでも眠れるのですよね。


気になったので、ペンジュラムで聞いてみました。

この眠さは好転反応なのですか …… Yes

今回は祓うことがメインだったのですか …… No

エネルギーももらっていますか …… Yes

好転反応は厄祓いとエネルギーを取り込むことと両方で出ていますか …… Yes


今回は、生気といういいエネルギーが西方位についており、
私が住んでいる東京から見ると京都は西方位に当たるため、普通に西方位を取るより
倍くらいのエネルギーが取れるはずなのです。

エネルギー負けしているのですね。


あと1週間くらいこの状態らしいです。
しかし、眠い……。


[ 2013年08月01日 21:57 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。