シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  2013年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宗教化したもの勝ち???

嫌いなわけではないのですが、
宗教団体じゃないかと疑ってしまうのですよね、ネズミーブランド。

好きな方がいたら申し訳ないです。
私もネズミーランドに行ったりした時はそれなりに楽しみます。
パレードなどもすごいなぁって思いますし。


でも、ねずみさんが犬を飼ったりする設定とかどうなんだろう(某キティさんは猫を飼ってますね……それもおかしいぞ、○ンリオ)。
あと、私は主人公の声が許せないレベルなんですが、皆さん気にならないんでしょうか。

私、はるか昔ですがネズミ―さんに行った際、
まったく何の考えもなく「オリーブ」(ポパイに出てくる女の人)のTシャツを着て行ってしまいました。

でも、くっきり描かれていなくてよく見ないとわからないくらいのやつ。

最初、オリーブがネズミーブランドじゃないと気が付かなくて、
何かに乗る際、ネズミーのキャストであるお兄さんやお姉さんの「えっ」というなんか嫌なものを見てしまった顔がなぜなのかわかりませんでした。

途中で「そうか、私はネズミーさんにケンカを売っていたんだ」と気が付きました。

でも、お金払ってきてるんだからさ、そこは大人の対応じゃないの。
別にこれ見よがしに何か言ってないんだし……と思ってしまいました。

なぜこのようなネタで書いているのかというと、
まとめブログにこんなものがあったからなのでした。


TDLのキャストが妊婦にかけた一声が感動的過ぎると話題に


まぁ、実際よく気が付くよね。そこは素直にすごいと思います。

アメリカのネズミーさんもそうなんでしょうかね。
それとも日本だけ???

ネズミーランドが宗教団体の総本山だと考えると、あのきれいさと親切さはとっても納得できるんです。
なんといっても、信者を増やさなければいけませんから。

キャラクター商売って、いかに信者を増やすかがカギなんでしょうね。
一番の成功例なんだろうな。ネズミー。


スポンサーサイト
[ 2013年09月29日 21:03 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(2)

わりと簡単な相性診断

私は占いとして一番長く習っていたのは易(鍼灸の関係)なのですが、
易の流れで気学も勉強していました。


気学は9つの星に分かれます。

簡単というのは、どの星が男で、女かというのを見て、
相性を知るというものです。


自分の星や相性を知りたい方の星がわからない人は、このサイトで調べてください。
神社さんのサイトなんですけどね。


一白水星 男星(以下星は省きます)
二黒土星 女
三碧木星 男
四緑木星 女
五黄土星 八割男 二割女
六白金星 男
七赤金星 女
八白土星 男
九紫火星 女

結婚やお付き合いの相性なら、
男女の組み合わせになれば第一段階クリアですね。
この場合、男性が女星、女性が男星でもいいですよ。
男性で女星、女性で男星を持っている人はどうしてもそうなってしまいますね。
まぁ、女星の男性が尻に敷かれるのは決まったも同然ですが。


友達同士であっても、男女の星だと相性がよかったりします。

同じ星の場合や、女女、男男となってしまっても、
相性がいい場合もありますが、それはちょっと複雑な星の組み合わせになるため、
今回は省きます。


基本的に、男星の人は中身が男っぽいですし、逆に女星の人は女っぽいです。
女性の多い職場にいる男性は女星の人が多いですね。
じゃないと務まりません。
私は六白金星ですが、易の先生に「タマさんは外見は女でも中身は男」とよく言われていました。
六白金星は特に男度が強いので。

また、政治家を調べてみるのも面白いですよ。
言いなりになりやすいのが女星。
自分で決めてそれを突き通すのが男星。
でも、人気が出るのは多くは女星。
あたりがやわらかいからでしょうね。


安部晋三  一白水星 男(星)
野田佳彦  七赤金星 女
菅直人   九紫火星 女
鳩山由紀夫 八白土星 男
麻生太郎  六白金星 男
福田康夫  一白水生 男
小泉純一郎 五黄土星 八割男二割女
森喜朗   九紫火星 女
小渕恵三  九紫火星 女
橋本龍太郎 九紫火星 女
村山富市  四緑木星 女
羽田孜   一白水星 男
細川護熙  九紫火星 女 
宮澤喜一  九紫火星 女
海部俊樹  七赤金星 女
宇野宗佑  六白金星 男
竹下登   四緑木星 女
中曽根康弘 一白水星 男


相性の話をしようと思ったのですが、
最後は政治家の話になっちゃいました……。


[ 2013年09月26日 22:46 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

精神世界のお話

昔、精神世界系にどっぷりだった頃、
週末は何かしらのセミナーや講演会に行っておりました。


まぁ、今考えてもどっぷり過ぎてすがすがしいくらいです。
そのうち行くだけでは物足りずに、主催者側になっていくという……。


当然、いろいろな有名「精神世界ヒーラー」さんたちにもお会いするわけです。

そして、私は目覚めていったわけですね、その世界の裏側に。

講演会は「人の悪口は言ってはいけません。そしてすばらしい人になれば、
自分の世界はそれにふさわしいすばらしい人しかいない、すばらしい世界になっていきます」
というような内容のお話が多かったです。


でもまぁ、そんなわけはないです。

とある有名な先生に「タマさんは波動が高いです」と言われて、
有頂天になってしまったこともありますが、その時も自分の周りからひどい人たちが消えることはありませんでした。


これには理由があるんですが、これはまたじっくり書きたいです。

また、この時期の私の意識レベルは 211 ですよ!!

これも原因の一つですけどね。
今精神世界系にはまっている方も、別にそれはそれでいいと思います。

ただ、私は裏側を見ることができたので(講師の先生方とそれは現実的なギャラのお話などもしました)
思い残すことなく、この世界から足を洗えました。


もちろん、すべてがムダになったわけではありません。
たくさんの授業料の代わりに得たものもたくさんありました。


ただ、すべての人は平等なのですよ。
偉い先生だからすごいとか、自分よりすばらしいわけではないのです。

何かの特殊技能を持っていても、それは100メートル走るのが他の人より少し早いのと同じくらいの特技です。


ということに気が付けたら、意識レベルが50も上がるそうです(調べました)。

でも、はまっている時はそれはそれで楽しい。
新しい刺激ですからね。

私は刺激欲しさに行っていたんだろうな。
結果、目的とは違う意味で、自己啓発にはなっていたかもしれないです。


[ 2013年09月23日 22:06 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

やる気スイッチはどこだ!!


某塾のCMで「みつけてあげるよ、君だけのやる気スイッチ」という
キャッチコピーがあります。


私のもみつけてほしいよ、やる気スイッチ。

わりと若いころからだらだら過ごすことが多く、
やってみたいことがあってもそのままということも多くあります。


現在は、開業準備なのですがなかなか進まない……。


私の周りで起業している人たちは、皆さん、
「有言実行」の方ばっかりです。

まぁ、そうじゃないと会社経営なんてできませんよね。

でも、売上目標などはまだわかるとしても、
やせるって決めたら、あっという間にやせてたり。
タバコやめるって決めて、これもあっという間にやめたり。

その意志の強さはどっからくるんだか。


ただ、意志を強くといっても、これは限界があると思うのですよ。
身体の状態じゃないかと思っております。

ひとつは、骨盤と頭蓋骨の状態。
骨盤がしまると、頭蓋骨は少し開くのですよね。

前、紐で骨盤を縛ばると片付けなどがはかどるという記事を書きましたが、
骨盤が閉まることで頭がすっきりして、現状把握ができやすくなります。

もうひとつぐらい何かあるのだろうと思って
ペンジュラムで聞いたところ、

ホルモンバランス

と出ました。
きっとそれを整えるツボなどがあるはず。

ということで、いろいろ探してみようかと。
もし、「これをやったらやる気スイッチが入ったぜ」という方がいたらご一報を。


本当、やる気スイッチ探したいです。



[ 2013年09月21日 20:55 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

四十肩・五十肩

なんだか、右肩の具合がおかしいのですよね~。
四十肩???

腕を背中側で結ぼうとすると、右腕を下にした場合、
なんだかちょっと肩が痛い。


このまま放っておくと、本格的に四十肩になってしまうのではという感じです。

仕事柄、腕が上がらなくなるのはとってもまずい。

かなり前ですが、友達が勤めている病院の鍼の先生が
「五十肩は股関節(足の付け根の関節)で治す」と言っていたのを思い出しました。


私は自分の身体の調子が良くない場合、自分の身体でいろいろ検証します。

身体のどこかが痛い時や、咳が止まらない時も「ここぞ」と実験するのです。


今回は肩関節。

確かに股関節は調子が悪いのですよ、左側が。
なので、左側の股関節のストレッチをいろいろしてみたところ、
右肩の痛みが半減しました。

完全に痛みが取れていないのは、まだ股関節が少し違和感があるからです。

これが取れれば、たぶん大丈夫。

今四十肩、五十肩で悩んでいる方は、
股関節の動きをよくするためにストレッチやヨガなどを試してみるのもいいかと思います。


と思って聞いてみました、ペンジュラム。

ストレッチやヨガを行うことは身体にいいですか …… No

やってはいけないという意味ですか …… No

正しいやり方でないとダメですか …… Yes

まぁ、そうですよね。
見よう見まねだと、伸びたりしていないことがあります。
無理にやると筋肉や腱を痛めることもありますし。
でも、身体が硬いとやっぱり病気やケガをしやすいです。

こういうのは、プロじゃないとダメだろうな。
ということで、身近な接骨院、またはあん摩・指圧・マッサージ院
などに言って教えてもらってくださいね。

p.s.四十肩、五十肩を股関節で治そうという先生はあまりいないかもしれません。
説明してもわかってもらえないかもです。
そういう場合は、股関節の伸ばし方だけ教えてもらってください。

[ 2013年09月18日 22:46 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)

怒るという感情の実験


前に「怒る」という感情は、もともと人にはなくて、
教えられる後天的な感情だという記事(「怒り」という感情)を書いたことがあります。


世の中は、「怒らないようにするため」のいろいろな考え方や実践法を書いた本が発売されています。

怒らないことっていいことなんでしょうか。


精神世界にどっぷりはまっていた頃、
いろいろなセミナーで「怒ったりしてはいけませんよ」みたいなお話をよく聞いていました。

その頃の私は、何かというとよく怒っていました。
鍼灸マッサージ学校の同級生に「なんでいつも怒っているの?」と言われたこともあるくらいです。

でも、そう言われて初めて「私ってそんなに怒っているの」と気が付いたんですよね。
自分がいつも怒っているなんて思ってもみませんでした。
そして、わかっていないとはいえ、周りの人に自分の怒りのエネルギーを振りまいていたという……最低だな私。


そこで、とある実験をしてみました。

その頃の私は、鍼灸マッサージ学校は卒業しましたが、
まだまだ勉強が足りないと思っていたため土日に勉強のセミナーに行こうと思い、
平日は事務の派遣をしていました。
治療院は、土日休みのところが少なかったためです。

事務の派遣先は、長くても半年ほどで終了する予定でした。
そのくらいならきっとできると思い
「この職場では一切怒ったり、不機嫌になったりしない」と決めました。

派遣先は、とあるIT系企業でした。
マニュアルの編集をするという仕事でしたが、
人間関係はかなり難しいところで、
でも、“実験”してみようと決めたために、怒りそうになると「怒っちゃダメ」と自分を戒めていました。

この仕事を半年勤めて辞めた後、この職場の同僚から飲み会に誘われて
何度か行ったことがあります。

その際、「タマさんは怒ることがあるの?」と何人かから言われたので、
実験としては成功したのだと思います。

この半年で私がわかったこととは、“怒らなくなると、ほかの感情も消える”
ということでした。


なんだかとっても穏やかではあるのですが、
毎日がまっすぐな感情で過ぎていくんですね。
プラスマイナスのない。

これはいいのかな???と。

結果、私は怒ることを辞めるために、
感じることを辞めていたのですね。

なので、何が起きても平穏なんですが、
楽しいことをしていても、楽しくないという。


感じるのはしょうがないけど、その怒りを出すなという本がありますが、
それは無理だろって思います。

エネルギーとして発生したものは、どこかで出さないと病気やけがになります。
腰痛は怒りが原因という内容の本があったと思いますが、腰痛だけではないですね。

以前に「歯痛だって、何とかなるさ」という記事の中に、
前歯がとても痛くて、結果ストレスから来ていたという話を書きましたが、
この仕事の時に起ったことでした。

私は歯痛(それもとても痛い)で出したようです。

人によっては、溜まりに溜まり過ぎ、不治の病になったりするのでしょう。


怒ってもいいと思いますが、そのまま出すと人間関係を破壊しかねません。

一番いいのは、感じる閾値を上げることでしょうか。
結果的に、意識レベルを上げないとダメってことですね。


[ 2013年09月17日 00:01 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(4)

フレネミー


マサトさんのブログ(ヘミシンクピンポンパン)に「ワンダラーの敵、フレネミーは感染し拡大する」という記事がありました。
読めば読むほど、私の嫌いな元上司の特徴と同じだと思って、調べてみましたペンジュラム

私の元上司はフレネミーですか …… Yes

やっぱりね。

私はフレネミーでしたか …… No

あのまま職場にいたら、私もフレネミーになっていましたか …… Yes

こわ~い。
普通は大丈夫だと思うのですが、私はかなりきびしい「私は正しい病」だったので、
感染する確率は高かったと思います。


ヒーリングを習っていたころ、先生だったヒーラーに
「とても枠が強いから、それをもっと外さないと」とよく言われました。
私は「枠が強いって何かな」とあまり真剣には考えていませんでしたが、
後日わかりました。

枠とは「○○でなければならない」という部分をやわらかく言っていたようです。

時間はきっちり守らなければならない、上司の言うことは守らなければならない、
男は○○でなければならない、女は○○でなければならない……など、私は自分で決めている常識やルールがたくさんありました。

そこから外れると「あなたはおかしい」と私は簡単に人を攻めていました。
でも、私には確固たる自信がありました。

「私は正しい」と。


でも、それは私の中の常識やルールであって、ほかの人に当てはめるものではありません。
私はこの元上司のおかげでそれを知ることができました。


ある日元上司に怒られている際、「この人は自分の常識やルールがすべてであって、私の常識やルールは無視なんだな。私だけではなくて、取引先の常識やルールも、私の同僚の常識やルールもすべて無視なんだなぁ」と思った時、私もそうじゃないだろうか……と思いました。

その後強烈に恥ずかしくなりました。
私が言っていた「私が正しい」もこの人と同じだと。

もちろん社会に常識やルールと呼ばれるものはありますが、細かいところはその人の考えで変わるでしょう。

そういうのは無視して、自分が正しい、だから自分の方が上で自分が偉いなどというのは、
アタマがどっかおかしいと思うようになりました。

まぁ、過去の私もどっかアタマのおかしい人だったと思います。

フレネミーは感染するということなので、これからも気を付けていきたいと思います。
人間、何がきっかけで魔に魅入られるかわかりませんからね。

[ 2013年09月13日 20:54 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

深海

深海って、海面下200メートル以下のことを言うのだそうです。
1,000メートルくらいからかと思っていました。

深海にいる生物って、キラキラしてきれいだけど、
でも、形はちょっとグロテスクというアンバランスが面白くて
テレビで特集していたりすると結構見てしまいます。

今上野の国立科学博物館で、「深海―挑戦の歩みと驚異の生きものたち―」
をやっていて、観てきました。


なんとなく、きれいな生き物がいて、面白いのかなと思っていったのですが、
アルコール漬けのものか、標本になっているようなものの展示しかありませんでした。

ダイオウイカのアルコールづけもありましたが、6メートルくらいのものでした。
予想より小さい……。

マッコウクジラの頭部のモデルがありましたが、でかいことを表したかっただけみたいです。
この演出は面白いのかなぁ???


一番面白かったのは、深海調査船の「しんかい6500」の実物模型ですかね。
操縦席みたいなところは、3名乗れるそうですがとっても狭かったですよ。

6500メートルまで潜るのに片道2時間30分かかるそうですが、
なんかあったらあっという間に死んじゃいそうで、やっぱり深い海に潜るのは怖いなぁ。


海の中の映像などもありましたが、深海はとっても宇宙に似ていますね。
しかも、深海で聞こえる音が宇宙で聞こえる音と似ているというのを聞いたことがあります。

先日観に行った「パシフィック・リム」は海から怪獣が出てきましたが、
別に地球の地底にいたわけではなく、異次元の空間が海底とつながっているという設定でした。
何かとつながっているか、深海。

深海はどこかとつながっていますか …… Yes

他の宇宙ですか …… No

地球のどこかですか …… Yes

いろいろ聞いてみたところ

大気圏上の一定の幅の領域とつながっていますか …… Yes

この領域の状態が深海に影響するとのことでしたが、
どうつながっているんだかわかりませんでした。


しかし、平日の午後なのに博物館はまるで朝の山手線みたいにいっぱいでした。
そして、グッズ売り場には6メートルのダイオウイカのぬいぐるみがありました(20万だそう)。
ぬいぐるみ好きだけど、イカはなぁ……。
展示自体は面白くはなかったですが、入場料の一部が深海の研究費になったらいいな。

[ 2013年09月10日 23:37 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

パラレル世界

パラレル世界は、SFではごく普通のことみたいに書かれています。
行って必要な物質を手に入れて帰ってきたり、
自分と同じ知識を持つ人が必要だからとパラレル世界からもう一人の自分を借りてきたり。


並行世界ともいいますが、
いくつもの世界があって、この世界はそのうちのひとつのようですね。

だいたい設定が少しずつ違っているのが普通で、
いっぱいあれば自分がもう死んでいる世界や、
まったく別人のような世界もあるんでしょうね。


また、2ちゃんのまとめブログで出ていましたが、
やり直したい年齢まで戻って何回かパラレル世界で生きている
という人のスレッドが立っていました。


人生やり直したいやつ俺がタイムリープしたときのこと教えてやるから来い


この人は夢を使って戻りたい年齢まで戻っているようですね。
でも、今まで生きてきている世界を戻ることはできないみたいです。

あくまでも並行世界のどこかで、そして、記憶はもったまま若返るということですので、
まぁ面白いといえば面白いか。
この人の意見では子役の芦田愛○は同類じゃないかと……。


ペンジュラムで聞いてみました。

この人の体験は本当ですか …… Yes

日本人でこういう体験をしている人は人口の1%くらいいますか …… No

日本人でこういう体験をしている人は1,000人くらいいますか …… Yes

私もこの人と同じ方法でできたりしますか …… No

やり方はそれぞれ違いますか …… Yes

私も何らかの方法でパラレルに行くことは可能ですか …… Yes

夢でほかの世界に行っていることはありますか …… Yes

そのまま残ることは可能ですか …… Yes

夢を見ている時たまに「これ現実じゃないか」と思うことはあったりします。
めったにはないですけど。
そうすると朝起きた時に何かちょっとした違和感を感じることはありますね。
地に足がついていないような、不思議なフアフア感。

でも、夢の中で現実と感じた世界があまり居心地よくないのです。
ひょっとしたら夢でほかのパラレル世界を訪れて、
今よりももうちょっと住みやすい世界を探しているのかも……。

[ 2013年09月08日 22:04 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

人の身体を触ることのできる職業について

私は鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師という国家資格を持っています。
鍼師と灸師は別々の資格なので、試験も別になっています。
開業権といって、医師の診断なしで医療類似行為(医療行為ができるのは医者のみです)ができる国家資格は、
上記の3つと柔道整復師(接骨院の先生)のみです。

リフレクソロジーや、整体、もみ屋、カイロプラクティック、オステオパシーなど
日本にはいろいろなお店がありますね。

でも、このいずれも日本では民間資格になります。

カイロプラクティックとオステオパシーはアメリカで資格を取る方もいます。
アメリカでこの2つを取るのは大変だと思いますが、でも日本では何らかの資格にはなりません。

私がもしアメリカにいって、鍼灸マッサージの仕事がしたいと思ったら、
アメリカの学校に行って資格を取らなければならないのです。


さて、いわゆる整体師ですが、別に誰かに習わなくても
今日から整体師と名乗れば整体師として仕事はできます。

なので、日本で整体の学校といってもいろいろあり、
2~3日の研修で「今日からあなたも整体師」になれるものから、3年間通学する学校もあります。

生徒をひっかけようとしているのか、また開業後はお客さんをひっかけようとしているのか
「厚生労働省の認可を受けた学校」という文句がちらしに書いてあったりします。

でもこれ別に資格が認定されているわけではなく、その団体を厚労省が認定しているだけで
何の効力もありません。こういう学校が発行している資格を民間資格といいます。
アロマセラピストなどもこういう民間資格になります。


今、鍼灸や柔道整復師の国家資格をとるためには学校に3年間通わなければなりません。
学費はなんと500万円以上します。

解剖学や生理学、そして鍼灸学校は東洋医学の勉強もしますし、
もちろん実技の時間もかなりあります。

そして卒業前には国家試験も受けなくてはいけません。

私は入学前、どうせ専門学校だし、そんなにきっちりやったりしないんだろうと思っていました。

まず入学するための試験の倍率が10倍。
入学できたと思ったら、入学式で渡された教科書の冊数と分厚さに驚愕し
(しかもこのほとんどを覚えないと国家試験に受からない)、
実技試験の前は、同級生同士で、身体を使って鍼の練習をしました。
もちろん通常の授業でもお互いの身体に鍼を刺したり、お灸をしたり、マッサージをしたりします。

私は今でも試験の夢を見ます。
そして朝起きて「そうだよ、もう卒業したんだから」とホッとするのです。
かなり勉強漬けの3年間でした。

学費も私は働いていた頃の貯金でまかないました(私のころは学費は380万円くらいでした)。
学校の同級生の多くは、夜いろいろなアルバイトをしたり、
また銀行の融資を受けたりして出している人が多かったです。
夜勤などの仕事をしている人もいましたよ。
高卒ですぐ入ってくる人より、いったん社会に出て学校に入ってくる人の方が多かったです。
なので、みんなすごくまじめに勉強していました。



私は人の身体を触るのであれば、やはり国家資格は取ってほしいと思うのです。
国家資格があるからみんな素晴らしい先生とは限りませんが、
少なくても3年間は人の身体や心についての勉強(心理学もあります)をするのですから。

最近は整体での事故も多いらしいので、
別にマッサージくらいと思わず、あまりあやしいところにはいかない方がいいと思います。

とくに首の矯正は厚生労働省から禁止のお達しが出ています。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/hourei/061115-1a.html

それでもやる先生がいます。
自信があるからやるのかもしれませんが、自分がやってもうらう時に失敗するかもしれません。
そういう自信を過信といいます。

人の身体を診たり、触ったりするうえで過信はとってもやっかいです。

自分の身体を任せるのですから、マッサージ等に行かれる方はよくよく注意して行ってほしいと思います。


[ 2013年09月06日 19:40 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)

妙齢の女性と成長期のお子さまに

以前、操体法の先生の講演会を主催していたことがあります。
元々学校の先生をされていた方で、退職後人の役に立つことをしたいということで、
自分が会得した操体法を教えていらっしゃいました。


教えていた動きの中で、女性ホルモンを分泌させるというものがあったので、
妙齢な私は時々思い出すとやっています。

すぐに効いたという風にはならないと思いますが、
生理不順が治ったという人もいらっしゃいましたので
書いてみたいと思います。


1.うつ伏せに寝ます。

2.足を少し開きます。

3.ほおづえをついて、顔を上げます。

4.膝を曲げ、おしりを足の裏でパンパンたたくようにします。

この足の裏でパンパンたたくですが、両足を交互になるべく早く動かすようにします。
1分間やるといいと言われましたが、最初は10秒くらいでも疲れます。
また、最初はなかなかおしりをたたくところまで曲げられないかもしれません。
そういう場合は、ほかの人に足首を持ってもらって、その動作を助けてもらってください。


なお、この動きは成長期のお子さんがすると背が伸びるそうです。
ほおづえを忘れないようにしてくださいね。
成長期のお子さんの場合、ほおづえをつかないと
胴体が伸びてしまうそうです。
ほおづえをついてやれば、足の方が伸びるそうですよ。

ペンジュラムで女性ホルモンと成長ホルモンが出るかどうか聞いてみましたが、

いずれも Yes でした。

[ 2013年09月04日 21:22 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(6)

歯痛だって、何とかなるさ


もう、だいぶ前のことですが前歯がとても痛くなりました。
とにかく物が食べられない。
痛さからいって、これは虫歯がそうとう進んでいるはずと思った私は、
知り合いの歯医者さんに行ったのでした。

この歯医者さん、Oリングという筋反射を使って歯の治療をします。
Oリングの発案者の大村恵昭先生のセミナーも受けて免許皆伝しているという方でした。

はじめに、レントゲンを撮りましょうということで、
レントゲンを撮ってみたところ、別に炎症は起っていないのです。

そのレントゲンを見ながらその先生「ちょっとOリングで調べてみようか」と。

質問は口に出して言わないのです。
なので何を聞かれているのかわからないのですが、
「へぇ~、そうなんだ」とか、「じゃ、こっちは?」などとやっています。

結局、歯そのものの炎症ではないようで、「どうする? 削ってみる?」というのでした。

虫歯じゃないのに、削るのは嫌だと思ったので、

「ストレスかどうか聞いてください」とお願いしたところ、
「ストレスだって~。でもストレスでこんなに痛くなるかね」とちょっと不満げでした。

ストレスが原因で歯茎が腫れたり、歯が痛くなったりは確かにあるんですが、
それにしても痛さが尋常じゃなかったのですよ。

その先生曰く「なんで歯が痛いと大変だかわかる? 手とか足が腫れても外に逃げる場所があるからまだいいんだけど、歯茎の中じゃ逃げ場がないからすごく痛くなるんだよ」と。
だから念のため削りましょうって言われたんだけど、虫歯じゃないならどうしても削りたくない。

「Oリングで削っていいか聞いてください」と言って聞いてもらったところ、
なんと私の身体は

「自分で治すからいい」と答えたとのこと。


まぁ、頑固者。


歯医者の先生もちょっとあきれ気味でしたが、今思うと削らなくてよかった。

元々の原因は仕事のストレスで、職場環境が問題だったのですぐには改善できませんでした。
でも、自分で鍼とお灸でなんとかしたのです。

その先生に次にお会いした際「先生、治った」と言ったら
「自分で治した人初めてだよ」って笑ってました。

まぁ、自分の身体ですからね、何があっても自分の責任ですよ。

ちなみに、今歯医者に行ったほうがいいか(虫歯があるか)ペンジュラムで聞いたところ、

No

でした。



教訓:何かおかしいと思ったら、専門家に診てもらいましょう。
でも、医者のいいなりになるのはやめましょう。

本当に虫歯だったら自分で治せてませんけどね。
[ 2013年09月01日 22:53 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。