シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  2013年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スーパーヒーラーだった過去生へ


過去生をもうひとつ。
10年くらい前ですが、私はすごくスーパーヒーラーに憧れていました。
前回「スーパーヒーラーになれる過去生」に行ったわけですが、

次にやってみたのは「スーパーヒーラーだった過去生へ」

しつこい……。

今ヒーリングはまったく行っていませんが、
この頃は、身体を診るよりもヒーリングできればOKみたいに思っていました。
個人的にヒーリングは危険だと思っています。
なので、治療で使うことは現在はありません。


さて、スーパーヒーラーだった過去生で出てきた人は、
中近東の、今から500年くらい前の時代に生きていた人でした。

名前は「アロイ」(女性)。
小さい頃から、オイルを使って近隣の村の人々を治療していました。

母親はアロイが小さい頃に亡くなっていました。
父は病気がちで、いつも寝ているような状態でした。
母親は現世では誰だかわかりませんでしたが、父は今の父でした。

そして、10代も終わりの頃、近隣にある大きな国の王族の専属医師になったようでした。

アロイは、「これで父親にいい暮らしをさせてあげられる」ととてもうれしく思っていました。
この王族の長は父方の祖父でした。

結婚したのは、現世で20年付き合いのある友人。
そして、子供たちは、今の母、妹2人でした。

「その人がスーパーヒーラーだというシーンを見せてください」というナレーションで出てきたのは、
王族の長が誰かに毒を盛られたらしく、死にそうになっていて、
そこで一生懸命、オイルを使って身体の外に毒を出そうとしているところでした。

とても危険な状態で、過去生をみている自分からすると
「これで死んじゃったら、アロイのせいになって殺されちゃうんじゃ」と
焦っていたのですが、アロイの心情は
「これで死んでしまったら、それはこの人の寿命」と非常に落ち着いて対処していました。

結局王族の長を助けることができ、この後もずっと王族のかかりつけ医として
力を発揮していただようです。


上の世界に行って、ガイドやアロイからいろいろな治療のやり方、心構えなどを
話してもらいました。
全部使えるわけではありませんが、教えてもらった注意事項などは今でもちゃんと守っています。


そして、過去生の中で現在の家族が全員出てきたのは、私が見た中では
この過去生だけなんですよね。

誰と結婚しているか、また、親は誰かなど、
現世で誰だかわかると結構面白いです。
こんなところでつながっているんですねぇって感じで。

もちろん、ガイドとお話しするのも面白いですよ。
私の場合は、ガイドは仙人みたいな容貌で、
ちょっと私のことを小馬鹿にしながらしゃべってくれます。

最近、このガイドとも話してないですけどね。
スポンサーサイト
[ 2013年11月28日 22:50 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

開業する際の試練

以前、奥山医院の過去生退行DVDをご紹介しました。

私、ヘミシンクは寝てしまうのに、なぜだか過去生は眠ることなく良く見えます。
しかも、この奥山先生のDVDだと過去生に降り立った後、かなり自由に動けるようになってしまいます。

奥山先生のナレーションは、かなりゆっくり場面を探るのですが、
それですと、物語が進行していかなくてうっかり途中で寝てしまったりするので、
先生のナレーションは聞きながら
自分の意志でいろいろ見て回るということをします。


以前観た過去生のお話です。
先生のDVDに「スーパーヒーラーになれる過去生へ」という、
なんだかすごそうなタイトルのDVDがありました。

治療家として独立したい私は「すんごいヒーラーだった過去があれば、
その人が出てきて、いろいろ教えてくれるかも」という、かなり能天気なことを考えてこの過去生に降り立ちました。


降り立ったところは、戦(いくさ)のまっただなか。
戦国時代のようです。

私は、と腕を見ると「すごく太くて毛深いけど……」
そして、自分の身体からいったん出て全身を確認しました。

すごく大きくて、でかくて「これって人???鬼じゃないの」と思いました。
まるで赤鬼のように見えたのです。

これが私で、ヒーラーなの???
とちょっと混乱しました。

私は何の過去生に降りてしまったのだろう。

戦の中で私は相手の弓矢を受けても平気なようで、2、3本軽く身体に刺さっていますが、
まったく気にしていないようです。

私はバサバサという感じで「人を切って」いました。
そして人を殺すことを楽しんでいました。

私は武士ではありませんでした。
農民だったのですが、身体が大きかったため、戦の助っ人として連れてこられていました。

かなり強いうえに、戦に勝てば褒美ももらえて村の人にも喜んでもらえます。

ただ、私が降り立った時の戦はどうも劣勢で、このままこの場所にいるとまずいと思い、自分の村に帰っていきました。


そして、村に帰ると村は山賊に襲われたのか全滅していました。
奥さんと子供も無残に殺されていました。


それを目にした時初めて「自分も同じことをしていた」ことに気が付きました。
その時になって、人を殺すということの意味がわかったようでした。


その時代の私はその後出家しました。
67歳まで生きて死にましたが、死ぬ時も「まだまだ償えていない」と思っていました。

奥山先生のDVDだと上の世界にいくとガイドが出てきていろいろ教えてくれます。

その時にガイドが言ったひとことがいまでも忘れられずにいるのです。


「この時代にあなたが殺した人が、あなたが開業した時に患者で来ます」


それがスーパーヒーラーとつながるのですか……。

スーパーヒーラーになるための過去生のはずなのに、この過去生は何なんだろうってぐるぐるしていたのですが、
こんなオチだとは……。

私の頭でこんなストーリーは考えられないと思うので、きっとこれは過去生としてあったのだろうなと思います。
そして、開業したらいらしていただける予定の皆様、お手柔らかにお願いしたいと思います。

開業するのが怖いと思うのは、きっとこれも理由の一つじゃないのかなと思うのです。
[ 2013年11月24日 21:54 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(8)

パラレルワールドの科学

Gyao! という動画配信のチャンネルがありますね。

今は有料ページもありますが、昔は無料でいいアメリカのドラマなどを配信していました。
ここで私は「スターゲイト」のシーズン1、2を無料で観てはまったのでした。

今このチャンネルのバラエティの中で「宇宙~時空超越の旅~多次元宇宙の謎」という
ナショナルジオクラフィックの番組を無料で配信しています。

これが面白いですよ。
科学者が「別の宇宙のどこかに自分と少し違う人が住んでいる地球のような惑星があるかも」と本気で言っています。

もちろん、全員が「ある」と言っているわけではなくて、反対の方もいます。

また、ビッグバンを起こしたエネルギーを調べていくと、
この瞬間にも新しい宇宙がたくさん生まれていることになるそうです(インフレーション理論)。

インフレーション理論では、ビッグバンの状態から、現在の宇宙の大きさ近くまでになるのに、
瞬きの10億分の1の10億分の1の10億分の1秒しかかからない計算になるのだとか。
その後、ゆっくりと宇宙は広がっているとのことですが、少し前まで宇宙は膨張した後、
縮小すると言われていました。でも、現在はこのまま膨張を続けると言われているそうです。


宇宙の広がりって、人の身体で例えると、
1つの卵子(細胞)が分裂して、最後は60兆個の細胞をもつ人になるのと同じではと思ってしまいました。
前にも書きましたが、易の先生曰く「宇宙を知りたければ、人の身体を調べればいい」と言っていたのを
思い出しました。


そして、この番組の中では、宇宙は無限にできるのではという話が出てきますが、
それって、私たちの思考が作っているのではないでしょうか。

実はこの別の宇宙はパラレルワールドで、次元で分かれているいろんな地球を行ったりきたりしているのかも。

ペンジュラムで聞いてみました。

いろいろな宇宙とは、パラレルワールドも含まれますか …… Yes
そこを行ったり来たりしていますか …… No
次元が変わると戻れませんか …… Yes
その世界は一人の意志で創れますか …… No
地球にいる全員の総意ですか …… Yes
1人でも嫌だと言ったら創れませんか …… Yes

自分で思っている以上に、世界の人とはつながっているようです。


[ 2013年11月20日 23:32 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

おかかえのマッサージ師を持とう


おかかえというと、なんだかすごそうに聞こえますが、
自分の身体の状態をわかってくれている人を作ろうということです。

私自身は、鍼灸マッサージ学校の同級生のところに2~3か月に1回くらい行っています。
自分が治療する人であっても、やはり自分の身体はよくわからないのです。

そして、診てもらっている時に背骨の状態や、筋肉の状態を教えてもらいます。
友達は「へんな格好でパソコン打ってないか」とか、
「最近重たいものを右腕だけで持ったんじゃないか」とか
「なんだか背骨がへんにねじれているけど、何したの」などと言ってくれます。
友達とはいえ、ちゃんと治療費は払っています。そうじゃないと、いろいろ聞けないですしね。
そして、私は治療してもらうというより、自分の身体の状態を教えてもらっています。

その結果、分析は自分でするようにしています。


私もマッサージ院に勤めている時、指名で入っている患者さんに対しては、おかしな部分があると
「ここがおかしいけど、何かしましたか?」
など話すようにしていました。

そうすると
「そういえば、昨日へんな格好をして寝てしまった」とか、
「最近、パソコンの配置が変わって、前は正面だけだったのに、右側にあるモニタも確認しなくてはいけなくなった」
などその原因がわかるようなことをお話ししてくれました。

原因がわかればそれをなくすようにすればよいだけです。

また、治療していて「何かおかしい気がする」というのを患者さんに伝えて、病気が発覚したということもありました。


なので、自分の身体のことを客観的に診ることができる人がいたら、
病気になる前の「未病」の段階で知ることができるかもしれません。

少し気持ちにもお金にも余裕があれば、1か月に1回くらいマッサージ院や鍼灸院に行ってメンテナンスしてもらうのはお勧めです。
私のように2~3か月に1回くらいでもいいと思います。

でも、半年に1回、1年に1回ぐらいになってしまうと、
マッサージ師も前回の状態を覚えていないかもしれません。

その方を知るためには、日常生活やお仕事内容などもわかったほうがよりよいのですよね。
その信頼関係を築くには半年に1回だとちょっと難しいかなと思います。

ご近所の治療院にそういう先生を見つけて、自分のおかかえにするのも
自分の健康を考えるという意味ではとっても良いことだなと思います。

[ 2013年11月17日 22:28 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)

人が来る時、来ない時


マッサージの治療院で働いている時のことです。
働いていたマッサージ師はアルバイトも入れて10名ほど。
治療ベッドが全部で4台の治療院でしたから、マッサージ師は多い時で4名常駐しておりました。
治療時間が朝10時から夜10時までで、定休日はないところでしたので、
1日多い時で、8名くらいのマッサージ師が入れ替わり働いていました。

御客商売をされている方ならわかると思いますが、
混む日もあれば、閑古鳥が鳴く日もあります。

少し寒い日や、台風が来る前できっとどこかが痛くなる人が多いだろうから、
患者さんがたくさん来るかなと思いきや、マッサージ師1人につき、2人の患者さんで一日終わってしまったり。

大雨の日なんてわざわざ来ないだろうなと思うのですが、これが結構混んだり。

晴れの日の休日なんてどこかに遊びに行くでしょうから、
治療になんて来ないなぁと思っていると
あっという間に予約でいっぱいという時もあります。

かと思えば、自分以外のマッサージ師が休みなく仕事しているのに、
タイミングが悪いのか、それとも避けられているのか、
自分だけ患者さんが少ない日もあります。

その逆もあります。なぜだか自分だけ指名をいただいた患者さんで1日埋まってしまって、
他のマッサージ師は、ほとんど仕事をしていないとか。


この違いはなんだろう。


私が勤めたマッサージ院の院長は、わりと霊感とかそういったものが強かったので、
「今日は誰が患者さんをひっぱってきているのかな」と探ったりします。

調子がいい人のことは教えてくれないのですが、
足をひっぱっている人のことは「今日は○○が原因」と教えてくれたりします。

でも、なんで足をひっぱっているのかは教えてくれないんですよね。
なのでいろいろ考えてみましたが、今でもちょっとわからないところはあります。

ペンジュラムで聞いてみました。


・落ち込みがある時は患者さんは来ない …… Yes
・テンションが高すぎても患者さんは来ない …… Yes
・平常心を保っていると患者さんが来る …… Yes


上記は当たり前といえば当たり前ですが、
テンションが高くて身体の調子が良い時が一番来ないです(経験上)。

今日はエネルギーいっぱいだし、どんな疾患でもいけるような気がするなんていう時が、
一番来ないんですよ。やる気満々なんですけど。

落ち込んでたら来ないのはわかりますよね。
でも、治療院の前を通っても中が見えるわけじゃないですから、
マッサージ師の状態がどうこうわかるわけはないのですが。

ただ、潜在意識でつながっていると思えば、治療院の前を通ったり、
予約の電話をしようかなと思った瞬間に「今日は……止めておこう」とか思われちゃうんですよね、きっと。

そして、その頃一番不思議だったのが、私の身体の調子が悪い時に限って
よく患者さんが来ていたこと。

「今日はあんまりやりたくないんだけどなぁ」という状態なのに、予約で埋まるんですよ。

今考えると、身体の波動が似ているから患者さんが来るというのと、
意識が分散しなくて1点集中になるので(具合が悪いとあまり余計なことを考えるエネルギーがない)、
きっと患者さんにとっては良かったからなのかなと思います。


事務職の時には自分の体調以外の調子なんて、あまり考えたことはありませんでしたが、
マッサージ師になって、なぜだか患者さんをいっぱい呼んでしまう時と、
まったく呼べない時があるというのを面白いなと感じておりました。

営業職の人ならわかるのではないかなと思います
(なぜだか仕事がたくさん取れる時や、まったく取れない時などがあると思うので)。

この治療院に雇われている時に、私はいろいろ実験(どうしたら患者さんがくるのか)をしてみたのですが、
またそのうち書きたいと思います。

[ 2013年11月14日 00:05 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

お掃除のこと

今朝、地震で目が覚めました。
うちは8階なのでかなり揺れましたよ~。
震度4から5ぐらいか???
って、思ったら3でした。

まぁ、上の階は揺れるよね。
しかもうち、結構古いので。

そして、揺れている時に思ったのが、
賞味期限切れのお水のこと。

3.11の時にお水が買えなくて大変だったので
何かあった時のために2リットルを4本買ってありました。
でも、3日前に確認したら、全部期限切れ。

早く買ってこないとなぁって思っていたところにこの地震。
「やっぱりちゃんと買ってこないとダメだよね」
と布団の中で思いました。

たいした地震じゃなくてよかったです。


私なぜだか、3日前より「掃除しなきゃ」という感じになっております
(なので水の賞味期限にも気が付いたのでした)。
そして、掃除をはじめてからこの3日間で臨時収入約3,000円。

3週間くらい前、会社のトイレ掃除をした際には、
占いの依頼が、その日に3件もありました。

やっぱりトイレの神様はいる???

臨時収入を狙ってトイレ掃除はどうかと思いますが、
やっぱりきれいなトイレはよいですよね。

会社のトイレはお掃除の業者などが入っていなくて、
用務員的なおじさんが掃除していますが、
なんとも適当で……正直汚い時がよくあります。

そして、他にはだ~れも掃除しないので、時々やっているんですよね。

臨時収入がある時もない時もありますが、
まぁ、何が違うのかなぁ。


と思って聞いてみましたペンジュラム


・トイレ掃除をするとお金は入ってくるものですか …… No

・トイレ掃除で金運がつきますか …… No

・掃除をすると金運がつきますか …… No

そうなの???
じゃ、逆転の発想で

・金運がある時にトイレ掃除すると臨時収入が入ってきやすいですか …… Yes

・金運がある時に部屋などの掃除をすると臨時収入が入ってきやすいですか …… Yes

・きれいな場所は、金運を呼びやすいですか …… Yes


掃除をする = 金運

というわけではないようですが、きれいな場所は金運を呼びやすくなるようですね。


モチベーションがあるうちに、いろいろきれいにしてみたいと思います。
まずは服を捨てて、次に本ですかね。

掃除しなきゃと思いながら、たまたまたどり着いたまとめブログ。
この3日間のお掃除のモチベーションを上げてくれました。
現実化が早いなと思います。


掃除/生活まとめ

[ 2013年11月10日 18:45 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)

ガンのできる場所の意味

以前、乳ガンが右と左で意味が違うという記事を書きました。

このことを教えてくれた外科の先生は、
肺ガン、胃ガン、大腸ガンについても教えてくれました。

肺ガンはもう自分の役割は終わりだと思っている人、
胃ガンはとても生真面目な人、
そして、大腸ガンはお金に悩んでいる人
が多かったということでした。

大腸ガンは場所によって金額が変わるとも言っていました。
S状結腸にできる人は、かなり大きな金額で悩んでいる方が多いともお話されまていましたね。


東洋医学でも、感情と臓器はリンクします。

ガン患者さんに限らず、病気のほどんどは
感情などに由来しているのではないかと思います。

お医者さんの中にも気づき始めている人はいるのだろうなと思うのですが、
調べる先生はあまりいないのでしょうね。

全国一斉の統一テストなんていうものもあるんだから、
「12月1日に病院に来た人に一斉アンケート」でも実施してもらえたら、きっと面白い結果がでるような気がるんですけどね。

・あなたはなぜこの病気になったと思いますか?
・この病気になった時期に悩んでいたことは何ですか?
・普段食べている食事で、平均的なメニューを教えてください(朝、昼、晩)

この3問でいいのに。

何万人単位で調べられると、きっとよくわからない病気の原因がつかめるかも。
誰かお金出してくれたら、私が全国行脚して調べるのにな。

原因がわからないと、やっぱり治療は難しいですからね。
[ 2013年11月07日 23:59 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)

スター・ウォーズ

アメリカのSF映画といえば、
やっぱりスター・ウォーズだなと思うのです。

ただ、最初の3部作(エピソード4~6)があまりにもよかったため、
22年ぶりのエピソード1~3は、正直がっかりでした。
CGはすごかったものの、エピソード4から6と帳尻を合わせなければいけなかったため、
かなり無理な設定が目立ち、なんだかなぁという作品になっていました。

すごく楽しみにしていたのに、映画館でかなりがっかりしたのを覚えています。


そして、また次のエピソード7から10を作るのだそうですよ。

大丈夫か。

新しいストーリーを考えられなくなってしまっているハリウッドだから、
昔のヒット作のシリーズを作ろうになったんでしょうけど。
しかもネズミーに版権を買われてしまったし。


ネットでエピソード4~6のNG集を見つけました。




ちょっと面白いです。
ハリソン・フォード若いなぁ。
ハリソン・フォードも出るらしい、エピソード7。
一番好きな俳優さんなので、それが理由で観に行くかもです。

[ 2013年11月05日 22:33 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(2)

プレゼント企画にご応募ありがとうございました

1万ヒット記念プレゼント企画
「オリオン、プレアデス、シリウス:自分の意識はどの星にあるのか」にご応募いただいた皆様、ありがとうございました。
また、感想をお送りいただいた皆様、重ねてありがとうございます。

ぴったり60名の方を占わせていただきました(26件占いました)。

現在、ご応募いただいた方にはすべてご返信したはずですが、
もし「応募したのに、返信がない」という方は、
コメント欄にお名前とメールアドレスをお書きいただき、
「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてお送りください。
私にしか見えません。
こちらからメールをお送りします。


さて、皆様を占うのであれば、
自分の家族も占ってみようと思い、
やってみました。


父 …… シリウス
母 …… シリウス
私 …… オリオン(他の人の占いでもオリオンと出ました)
妹1 …… シリウス
妹2 …… プレアデス

あら、全部の星がいる(爆)。

うちの家族は、両親と妹1が仲良しです。
妹2は別に仲は悪くないですが、適度に離れています。
そして、私は昔から家族の中で孤立しておりました。

やはり、同じ星はお互いわかりやすいのだなと思います。

プレゼント企画で占った方の中にも、家族の中で自分だけが星が違うと「自分だけ昔からなんだか違う」と思われていた方や、
家族の星が全部同じだった方からは「何か一緒にやることがあるようだ」などの感想をいただきました。

私も自分の家族の中での立ち位置がよくわかりました。


そして、どの星に意識があっても、
「さて、私は今何にひっかかっていて、何をクリアしようとしているのか」が問題でありますね。
これは意識レベルも同じで、数値の高さが問題ではなくて、
「今自分が何にひっかかっているのか」を知ることが一番大事だと思うのです。


さて、私は何にひっかかっており、何をクリアしなければならないのでしょうか。
ただ、頭で考えていてもわからないのですよね。
何かをした時の微妙な感じや感覚が、教えてくれたりします。
そういう瞬間を、うまく拾いたいと思います。


[ 2013年11月01日 23:26 ] カテゴリ:お知らせ | TB(0) | CM(1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。