シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  2014年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続お話会in大阪


今回大阪ということで、初参加の方も多かったですね。
占いをご依頼いただいた方々も参加されていました。
ご挨拶できてよかったです。
おひとりの方とはお隣になり、いろいろお話できました。
お会いするのは初めてなのに、不思議に緊張感もなかったです。

なぜだかお話会は皆さん仲間という感じがしてしまいます。
そして、なかなか日頃はできない話を思う存分できるのですよね。
どんな話をしても「変だ」とは思わない方々ばかりで、
安心してお話できるのがいいのでしょうか。
不思議な一体感がありました。

二次会で、ブログ管理人のnaoさんきのこさん♪とお話することができました。
naoさん若いし。きのこ♪さんお孫さんがいらっしゃるのだそうですが、とてもそんな風にはお見受けできませんよ、若いので(というか1歳違いだ、私と)。お二人もそうでしたが、ほかの参加者の方々も「そんな年には見えませんけど」みたいな人たちばっかりでした。
どういうこと??? 

また、私のブログをお読みいただいている方々より感想を伺うこともできました。
ちょっとはお役に立てているようで、これからも頑張って書かなきゃと思ってしまいました。
皆様ありがとうございます。

三次会では、前回もそうだったのですがぱとりさんがお隣でした。
ぱとりさん、ずいぶんきれいになっていたので、最初見た時「誰???」と思ってしまい、
シャツを売っていたので「あぁ、ぱとりさん」だとわかりました。
お年頃ですしね。また次にお会いするのが楽しみです。

たまにだから楽しいのかな、お話会とも思うのですが、
きっとこのお話会がきっかけで、不思議話をするお友達ができた方もいらっしゃると思います。
私もブログをリンクしていただき、その関係で友達もできました。

お話会に参加するのは怖いと思われている方も多いのかなと思うのですが、
1歩踏み出すと、案外簡単に怖いと思っていたエネルギーが、楽しいエネルギーに変わってしまうのではないかなと思うのです。
そうすると、飛躍的に自分の中の何かが変わっていくかもしれないですよ。

最初、「遠いし、休み取れるかわからないし」と考えていたのですが、やっぱり今回も参加してよかったです。

スポンサーサイト
[ 2014年01月28日 22:47 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(7)

お話会in大阪

行ってきました、お話会。
ifさん、マサトさん、rindenさん、naoさん、ゆずかさん、M氏、しずさん、ゆみさん
そして、他関係者の皆様方、ありがとうございました。
今回も面白かったです。


マサトさんのお話の詳細は、CDを楽しみにされている方もいらっしゃると思うので、今回もあまり書きません。
私はお話の最後に話された「自分の暗い部分と向き合う」という部分にすごくひっかかってしまったため、
3次会でマサトさんにお願いしてやり方など教えてもらいました。

おもしろいなと思ったのが、この自分の暗い部分というのは、開かずの部屋に入っている物たちのようで、
ヘミシンクでそれに向き合うと、実生活でも生活がシンプルになるそうです。
じゃあ、逆もありかと思って「開かずの部屋の物を捨てたり、整理することで自分の暗い部分も整理できるということですか」
と聞いてみたところ、そうだとのことでした。

そうか~と思っていたら、私も3か月程前くらいから自分の家の掃除したり、物を捨てたりしているのですが、
ヘミシンクを本格的にやり始めた頃だったかも……。
「掃除しなければ」と思ったのは、ヘミシンクのおかげもあったかなと思いました。
なかなか自分の暗い部分(嫌な部分)には対面しずらいですが、こういうツールを使うといいのかもしれません。
もちろん、単純にお掃除でもいいと思います。


そしてその際マサトさんが「ヘミシンクは新幹線の中でやるのはとってもいいんじゃないの」ともおっしゃっていたので、私は帰りの新幹線で3回もチャレンジ。
暗い部分に向き合うのも、ナレーションを無視して入れてみたのですが、効果があったと思います。
ネガティブパワーは強いです。あぁ違うわ、私が腹黒いのか……。
内容が薄暗すぎてブログには書けないです。

あと、映画やテレビ番組の中に入ることもできるよとのことだったので、
これもやってみま~す、もちろん「パシフィック・リム」で。
きっとしずさんもやると思うので、時間合わせてやってみようかな……。
ちなみに、マサトさんは「貞子レトリーバル」をしたことがあるそうです。


しかし、大阪はパワフルでした。

お話会自体が60名で、
2次会が50名
3次会が40名(かな?)。

すごいわ。

いつもだと3次会はこじんまりしてきて、
お話したい人とお話することも結構できるのですが、
今回は人数が多くてちょっと難しい感じでした。
でも、それでもマサトさんを無理やり自分のテーブルまで連れてきて、
聞きたいことを聞いてしまいました。
だってね、やっぱり心残りはいけないです。
聞きたいことは聞けたし、大満足。

そして、ヘミシンクを進めていくモチベーションももらえました。

ただ、昨日、今日とものすごく眠い。
やっぱり高波動に当たると眠くなるんですね。

今日も早く寝ます。

[ 2014年01月27日 22:07 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(15)

お話会


大阪ですね~。
私も行きます。
前日から入って、京都の神社に行って……などと計画をしております。
できれば海遊館も行きたい。
なぜなら、ジンベイザメが好きなもので。


お話会では、休憩時間などにもし私が今までブログで書いていた
ツボやお灸、体操などよくわからないものがあったら
ぜひ直接聞いてくださいね。
わかる範囲でお答えします。

天気がよいといいなぁ。


それではご参加の皆様よろしくお願い致します。
[ 2014年01月20日 22:35 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

歯磨きは手磨きで


私は子供のころから甘いものが大好きだったため、
かなりの虫歯がありました。というか今でも油断するとすぐ虫歯になります。

なんでも、甘いものってあまり歯磨きしても落ちなかったりするらしいです。
歯の間が虫歯になった場合は、ほぼ甘いものが原因だと歯医者さんに教えてもらったことがあります。

昔、歯医者さんを生業にはしていない大学の先生が、
アルバイトで週1日歯医者をされておりました(もちろん歯科医の資格持ちです)。

この先生が勤めている日を狙ってこの歯科医院に通っていた時期があります。
元々知り合いだったため、普通なら教えないけどみたいなことも教わりました。

その一つが「電動歯ブラシ」について。

使うなと言われました。

この先生に「歯磨きは丁寧に。1日1回は20分くらい時間をかけて磨いてね」
と言われたのですが、20分も歯磨きできないしねと思ったので、
「じゃあ、電動歯ブラシ使えばいいですかね」と言ったら、
「使わないほうがいい」と言われたわけです。

なぜか……やはり人の手で磨いたほうがいいようです。
取れ過ぎちゃうみたいですね。
なので知覚過敏になったりいろいろ不都合なこともあるようです。


また、ご存じの方も多いと思いますが、歯磨き粉もあまりよくないので使用しない方がよいようです。
私はこれを聞いてから歯ブラシに水を付けて磨くようにしています。

確かに、ミント入りの歯磨き粉を付けて磨くと少しの時間だけで「磨いたような気になる」のですよね。
ただ、水だけで磨いているとどんどん茶渋などがついて黄色くなるので
「たま~に、少しだけ歯磨き粉付けて磨いて着色は取ったほうがいいね」とも言っていました。


日本人って、ほとんどの人はちゃんと歯磨きしているのに虫歯になるのって、
やっぱり何かの陰謀な気がする(佐藤中毒???字が違うけどね)。

ぐれんの世の中になったら、お金も病気もなくなって
好きなことして生きていける社会になってほしい。

[ 2014年01月15日 00:23 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(13)

ボケないために


最近、アルツハイマー病と
アルツハイマー型認知症が違うものだと知りました。

ほぼ同じものだと思っておりました。
発症年齢で分かれているのかと。

アルツハイマー病とは、脳が委縮する病気です。
30~50代くらいで発病するもので、遺伝子疾患です。

アルツハイマー型認知症は、脳を使わないために脳が委縮していき、
アルツハイマー病と同じような症状を起こすというものです。
なので、アルツハイマーという名前が入っているのですが、
これはわかりにくいわ。


老人の認知症は、このアルツハイマー型認知症が80~90%を占めるようです。

ということは、この80~90%は予防できるのですよ。

アルツハイマー型認知症ですが、廃用性認知症とも言われており、
この廃用性というのは、例えば、歩かないと足の筋肉が落ちていき、いずれ歩けなくなるというのと同じです。
つまり、毎日同じように過ごし、新しい刺激(考える、感動するなど)が入らないと、
どんどん脳が委縮して使い物にならなくなるわけですね。

私は仕事柄老人と接することも多いのですが、
認知症になっていらっしゃらない方は、いろいろ努力されています。
毎日日記をつけていたり、新しいことを覚えたり(病院の先生や、リハビリの先生の名前など)、
できるだけ歩いたり。

そして、認知症の方は自分が認知症であることは決して認めない方が多いのですよね。
だから認知症になってしまうのかもしれないですが。

どこかの時点できっと「あれ? おかしい」とは考えたはずですが、
「自分がボケたりするわけない」と打ち消してしまったのでしょう。
まだらにボケてしまっている方は、ふっと正気に戻る瞬間があるのですが、
その際でも認知症を認めない方がほとんどです。

私は以前、頭や指をよく使うことをしていたら、認知症になることはないと思っていたのですが、
そんなこともないのですよ。
某旧帝大の医学部を出られて、開業医をされていた方(女性)は、
自分が医師をしていたことはすっかり忘れていらっしゃいました。
この方は趣味で声楽もされていたんですけどね。


さて、どう予防するかですが、
私も「絶対これっ!!」というものが見つかっていません。
予防になると言われているものをされていても、
認知症の方はいらっしゃるのですね。
ですので、これからいろいろ探してみる予定です。
ただ言えるのは「自分がボケるはずはない」と思い込むのは、
とっても危険じゃないかと思います。

そう思い込む人ほど、ボケちゃうことを怖がっているので、
引き寄せるのかなと思います。

[ 2014年01月09日 23:33 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)

年明けから身体のこと

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

諸事情があり、現在占いの依頼はお受けしておりません。
申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちください。


私ですが、ここ2か月ほど股関節がおかしくて、
畳などにべたっと座った状態から立ち上がる際、痛みが出ております。
どうやったら痛くなく立ち上がれるか研究するほどです。

今までもよく関節の音はしていたのですが、
今回は関節の「ボキッ」という音に加えて痛みがあるため、まずいなぁと思いながら
いくつかの治療をしておりました。

良くなったかと思うとまた元通り。

股関節周りの筋肉が硬いのだと思い、
周りの筋肉をゆるめるためストレッチを多用しておりました。

確かによくはなるんですが、すぐ元に戻るのですよ。

できれば自分で治したかったため、ほかの先生の治療院に行くのは見送っておりました。

そして、たまたまYouTubeで見つけたO脚を治すという、バレリーナが行うような筋トレがあったのですが、
これを行った後、少し楽になりました。

そして、気が付きました。
ストレッチだけではダメなんです。筋肉をつけないと。

痛みは筋肉が硬いからだと思い込んでいたのですが、
硬いせいではなく、筋肉が落ちていたため関節がゆるくなってしまっていたのです。


一瞬「年のせい?」と思ったのですが、運動していないなら若い世代でも十分起ります。
私は股関節でしたが、膝、足首など人により弱いところ、負荷がかかりやすいところにでると思います。


ということで、適度な運動はやっぱり必要です。
週に1回のトレーニングジムより、週5回(通勤時)のウォーキングまたは、1日5分~の筋トレです。

ということで、私も今年はさぼらずに筋トレしたいと思います(まずは1日5分から)。
[ 2014年01月05日 21:49 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。