シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  2014年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

現在検証中ではありますが、なかなかよさそうです


私は高い枕が苦手で、寝ている時に首に角度が付くとうまく呼吸ができなくなるらしく、
長い時間寝てもまったく疲れがとれないことがあります。

なので最近は低い枕か、枕をしないで寝ています。
それでも、朝起きて「だる~い」という日がありました。
これはひょっとしたら、寝ている間に呼吸がかなり落ちていて、うまく酸素が吸えてないのかなと考えていました。

そして4日前、地下鉄に乗っているいる時に「ブリーズライと 50%強力タイプ」の広告を見かけました。
テープで鼻腔を広げて酸素量を増やすというもの。
スポーツ選手などが試合中に貼ったりしていますね。
普通の方は鼻づまりなどの時に使うものです。

ふっと「あれ貼って寝たらどうだろう」と思い、帰りに薬局に寄ってみました。

なぜだか新発売の50%強力タイプはなかったのですが、普通のはありました。
肌色とクリアタイプ。

使ったことがないので、どっちがいいかはわからないですが、
でも、思っていたより高いのよ~。

10枚入って680円+税

1枚に付き、70円か。
高くないか、それ。
と思って、隣をみると、似たようなものがありました。
こっちは

30枚入って、699円+税

う~ん、買ってみて使えなかったら30枚もいらないしなと。
そうしたら、10枚399円+税があったので、こっちにしてみるかと買ってみました。

寝る30分くらい前に貼ってみたのですが、結構テープが強力なのです。
テープの真ん中にプラスチックが入っていて、その反動で鼻腔を広げるというものなので、そうなるのですね。
でも、貼った瞬間に吸い込む量が増えたのがわかりました。

ただ、ちょっと痛いかも。
これを寝ながら貼れるかなと思いながらも、そのまま貼って寝てみました。

朝起きてみて、寝起きは特によくはありませんでした。
「ダメかなぁ」と思いながら仕事に行くと
いつもお昼を食べて30分から1時間もするとかなり眠気が襲ってくるのですが、あまり眠さがないのです。

家に帰って夕飯を食べて、こちらも30分から1時間後に眠気が襲ってくるのですが、この時もほとんど眠くなりませんでした。

前日の睡眠時間は6時間くらい。

やっぱり寝ている時に呼吸が深くなると、深く眠ることができるのだなと実感。

そして、もう一つビックリしたのが満腹になるのが早くなったこと。
食欲がないわけではなく食べられるのですが、いつも食べる量より少なめで「お腹いっぱい」となりました。

これはなぜかと考えたのですが、酸素量が増えた分、エネルギーを各細胞に送るのが円滑になったのではないかと。

まだ使い始めて3日目ですが、結構いいかもと思っています。

ただ、こちらテープが強力なので、絆創膏などでかぶれる人は難しいかなと思います。
私は肌はわりと強いのですが、それでも取ってから1時間近く赤い感じが残っています。

でも、変に眠くならない生活は快適なので、このまま少し使ってみようと思っています。



スポンサーサイト
[ 2014年02月27日 21:27 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)

意外とかわいいもん好き

これ買いたいなぁ。
このハンコ。

邪悪なハンコ屋しにものぐるい

やはりネコがいいねぇ。
今タマで作るか、本名で作るか悩み中。
どっちでも作ればいいんだろうけど。どこで使おうかな。
というか、使えるのかな。
かなり個性的なハンコがいっぱい。


そして、こっちは買いました。
HUG friends!

見てると涙が出てくるんです。
かわいくて。

表紙の写真より、中の写真の方がかわいい。
白くまは、半年もエサを食べていなくて、
本来なら食べられちゃうらしいんですよ、わんこ。
奇跡の写真だそうです。
まぁ、それよりなにより、かわいいです。
白くまもわんこも。
1,050円ならお買い得かなと思います。

[ 2014年02月23日 00:54 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(7)

漢方薬は難しい


東洋医学というと、鍼灸もそうですが、
漢方薬も東洋医学でありますね。


鍼灸学校の同級生に薬剤師の免許も持っている人がいます。
鍼灸学校に行っている時に、漢方薬の講座にも通っていました。

漢方薬の原料となる薬草は、満月の夜じゃないととってはいけないものや、
一年に1日だけしかとれないものがあるそうです。
薬効が違うのだろうですよ。
自然の力ですね。

ただ、漢方薬って副作用がないと思われてもいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなことはありません。
薬である以上、副作用はあります。

1年程前、私は眼圧が高いという検査結果が出たため、
単に「漢方薬ってどうだろう」と思ったので、
東京ではわりと大手の漢方薬を処方する薬局へ行ってみました。
ちょっとどんなものだか知りたかったということもあります。
どんな風に薬を出すのだろうって。


簡単な問診票のようなものを書きました。
その後、薬剤師さんと5分くらい面談。
処方してもらった薬は、1瓶7,000円でした。

これで1か月分ですが、まぁ保険がないと薬は高いですね。
飲み始めて3日目くらいから、なぜだかお腹いっぱい食べないと気が済まなくなってきました。
毎日寝る前までかなり食べてしまいます。

最初、お腹がすくのは仕事が忙しいせいだと思っていたのですが、
なんでお腹いっぱいにしないと(それも本当にお腹パンパンにしないと)眠れないのだろうか。

おかしいと思って考えてみたところ、この漢方薬を飲み始めてからだと気が付き、
とりあえず止めてみたんですね、飲むのを。

そうしましたら、治まりましたよ、へんな食欲。

何の成分がこの食欲をあおったのかわかりませんが、
この薬の副作用でしょう。
私はこの薬以外飲んでいませんでしたので。
ただ、だからと言ってこの薬が効かないわけでもないでしょう。
私の体質とは合っていなかったのだと思います。

なお、漢方薬を処方してもらう場合は、
薬剤師の免許のほかに、できれば鍼灸の免許も持っている先生のほうがいいかなと思います。

というのも、鍼灸の先生だと脈や舌も診て処方することが多いからです。
脈診や舌診ができると、もうちょっと細かく診断できますので、
その人に合ったものを処方しやすいと思います。
西洋医学でいうところの病名は、
東洋医学では、体質が違うと別のものになったりします。

ただ、両方の資格を持っている先生のいる薬局は、なかなかないんですよね。
私も探しております。
[ 2014年02月20日 22:00 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(2)

冬にわかる冷えもある

まだ若かりし20代の頃、私は冷房を直接あびてもびくともしませんでした。
気分が悪くなったり、寒くなったりなど何もなかったんですよね。
なので、「私は冷え症には縁がなく、かなり健康なんだ」と思っておりました。
というのも、健康診断ではどの項目も何の問題もなかったのです。

でも、その頃水分を少しでもとるとすぐトイレに行きたくなり、
電車に1時間以上乗らなければいけないような日は、朝から水分をほとんど取らない
ということをしていました。
私はただ、トイレが近いだけだとその頃は考えていました。

そして20代の冬は、なぜだか布団に入ると足先がぽかぽかしてしまい、
布団の外に出さないと暑くて眠れないという、不思議な現象が起こっていました。

手を出して寝たりすることは寒くてできないのに、
足先は出さないと眠れないという。

これでも若かった私は「私って冬なのに足を外に出しても平気なんてすごい」と
よくわからない自信を持っていました。


時は過ぎ、鍼灸学校に入った30歳のころ鍼を教えている先生に
「冬は足が暑くて眠れなくなる」といったら、
「それは、ほてっているだけで暑くなっているわけじゃない。冷えが進んだ状態」
と言われました。
そして「学校に入ってよかったね。そのまま勤めていたら30代で重病にかかっていたかも」
と言われてしまいました。

氷水に手を突っ込んで、少し我慢して手を出すと冷たかったはずなのにそのうちぽかぽかしてきますよね。
これを「ほてり」と言います。

中の熱がそのまま外に出てしまっており、
身体の中まで冷えている状態です。

元々冷えているため、クーラーにあたっても冷えは感じません。
身体の中が冷えているので、トイレも近くなりますね。
水分が身体の中にあると身体がより冷えやすくなるため、
身体としては余計な水分は早く出したい。
なのでトイレが近くなるんですね。

これがわかってから、私はまず冷え症を治すためいろいろやりました。
夏でも腰にホッカイロを貼ってました。
飲み物は夏でも温かいもののみにしましたよ。

今はクーラーを直接あびると、あっという間に具合が悪くなってきます。
また、少しぐらい何か飲んでも新幹線で東京―新大阪間くらいならトイレに行かなくても大丈夫になりました。

女性は冷えには敏感なので、私みたいなのは少ないでしょうが、
男の人って冷えていても気が付かない方が多いのです。
冷房に強いと言っている人はたいてい冷えています。
風邪ひとつひいたことがなかったのに、急に大きな病気をしてポックリというタイプは
身体が冷えている人が多いのです。
お父さんやご主人、息子さんなど、余計な病気にしないためには、
身体は常に温かくしておいた方がいいですよ。

また、アルコールも身体を冷やすので飲過ぎには注意です。
[ 2014年02月12日 22:03 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(6)

京都の神社と大阪の神社


お話会から東京に戻ってきて、なぜだか仕事が忙しくなってしまい、更新する時間が取れなくなっておりました。
今さらな気はしますが、お話会の前の日と次の日、神社にお参りし、面白いこともあったので、それを書いておこうと思います。


京都では、上賀茂神社と下鴨神社に行きました。
昨年7月にも行っているのですが、かなり良かったのでもう一度行こうと思ったのです。

下鴨神社は行ったことがある人も多いのですが、
上賀茂神社は行ったことがないという人の方が多いのです。

私はどちらかというと、上賀茂神社の雰囲気の方が好きなのですよね。

上賀茂神社



そして、2月23日までなのですが、「国宝・本殿特別参拝とご神宝の拝観」というのを行っています。

私はよくこの文章を読んでいなくて「国宝観せてくれるんだ。じゃあ観せていただこうかな」と軽い気持ちで
社務所の巫女さんに「こちらを観たいんですが」と申し込んだところ
「お時間15分くらいかかりますが、よろしいですか?」と。

観るのに15分??? と思ったのですが「はい」と返事をして、建物の中へ。

神主さんがいらっしゃって「それではまず皆さんをお祓いします」と。

この国宝を観るためにお支払いした金額は500円。
500円でお祓いしてもらえるのか。ラッキーと思ってしまいました。

そして、お祓いをうけた後、本殿を参拝させていただきました。
神主さんはそれは早口に神様についてご説明してくださいました。
わかったことは、いつも私たちが参拝しているのは、この上賀茂神社の神様が降り立ったと言われている山とのことでした。
でも、神様がいらっしゃるのは本殿なのですね。
なので、奥に入らないとその本殿は参拝できません。

参拝させていただいた後、本殿に何かあった場合に神様にお移りいただく権殿という、本殿とまったく同じ造りのものがあるのですが、こちらの屋根を現在修復しており、その現場を見せてもらえるのです。

まぁ、なかなかこんなまじかで観ることもないと思いますので、ありがたいなぁと思って仮設の足場に上らせていただきました。

権殿の屋根は木の皮を重ねたもので、式年遷宮に伴い修復されているのですが、
この木の皮、寄付として1枚2,000円を受け付けていらっしゃいました。

こちらの寄付は社務所でも受け付けており、私は社務所で寄付するつもりだったのですが、
巫女さんに「そちらでも受け付けておりますので」と言われておりました。

いちおう神主さんは「ご希望の方のみで結構ですよ」とおっしゃっていたのですが、
私は寄付受け付けに突進。
私以外に2人の方がいらっしゃいましたが、最初そのまま帰るつもりが、
私の勢いにおされてご寄付しておりました。

現首相の奥様や、現駐日米国大使も寄付されていましたよ。

期間限定ですので、行ってみるのもよいかと。


また、お話会の次の日、大阪のサムハラ神社というところに参拝致しました。

サムハラ神社


こちらはたまたまネットで見かけた神社だったのですが、何かひっかかったため、
「大阪に行くし」とお参りさせていただきました。

カタカナで書いていますが、パソコンなどでは出せない文字なのですね。

行ってみたら小さい神社さんでした。
本当に呼ばれたのかなぁと、ちょっと不安になりながら手水舎でお浄めしようとしたところ、水の量が少ない……。
これ、お浄めできるかなと思っていたら「雨で浄化しているからよいよ」と神様に言われた気が。
確かに朝から雨でした。

そうなのかなと思いながら、お賽銭を入れてお参りしてはみたものの
「呼ばれたのかなぁ」と思っていたら、最後一礼したところで
隣の建物から大きく楽しげな笑い声が聞こえました(ちなみに隣の建物は警察署)。

「呼んだんだよ、よく来たね」という感じでしょうか。

ネットで「ここには神様がいるよ~」と書かれており、
どうだろうねぇと思っていたのですが、いらっしゃったようです。

京都では下鴨神社にも行ったのですが、午後行ってしまい、
やっぱり雰囲気がいまいちになっておりました。

やはり神社は午前中に参拝しなければ。


でも、呼ばれないと神社には行けないんだなと思うのです。
ずっと行きたいと思っていても行けない神社にはやっぱり行けない。

ちょっと心にひっかかったという神社でも行ける時はすっと行けてしまう。

不思議だなと思います。
[ 2014年02月05日 00:24 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。