シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  2014年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハローワークでのこと


3か月ほど前、会社の上司が変わりました。
が、私はこの上司とすんごく合わないのです。
私だけではなくて、職場のほとんどの人と合わないのですよね。
そのうち、大量退職するのではないかと思います。

私も安易に転職はしたくないのですが、
変にストレスが溜まってしまったため、
ハローワークに行ってみました。

そして、よさそうな仕事があったので、
さっそく担当の人に紹介状を出してもらったのです。
そのハローワークの帰り道、
とあるカフェに入りました。

コーヒーを飲んでいる途中で、
なぜだか胃の辺りが重い感じになってきました。

「さっき食べた昼食が重かったのかな?」と思ったのですが、
まぁ、疲れているのかなと。

その後、夕飯も胃が重くて食べられず、
結局かなり早い時間に寝てしまいました。

朝、少し早めに起きて、シャワーを浴びようとしたのですが、
とっても身体が重い。

風邪や病気の重さではないのです。
ぜんぜん違う感じ。

これはひょっとして、ハローワークで“もらった”のかも。
と思いました。

最近、寝る前によくヘミシンクをしているため、
その時の要領でその重い原因を観てみようと思って探ってみると
ちょっと大きめの影が見えました。


前に競輪場に行ってもらってきたことがあったので、
その時のことを参考にしつつ、
「私についていてもつまんないよ。パチンコもしないし、
お酒も飲まない。いた場所に戻んなさい」と。

まだ半分寝ている状態だったのですが、
うっすらと頭の中で男の人の声が聞こえました
「わかりました。帰ります」と。

本当かぁ~と思いながら起きると、
さっきとは身体の重さが違いました。

まぁ、帰ったらならいいかと思いますが、
前回ハローワークを利用した時も「ここって、人以外に何かいそうだぞ」などと思っていましたが、
今回は見事にもらってしまいました。

しかし、亡くなってからも仕事探すんでしょうかね。
もっと楽しいことがあるだろうと思うのですが、
よっぽど悩んだ方だったのかな。
ちょっと不憫だけど、私に何かできるわけでもないし。
でも、私も「もらった」と気が付かないとそのままなのでね。
次はもらわないように気を付けようと思います。


スポンサーサイト
[ 2014年11月06日 20:55 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。