FC2ブログ
シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  スポンサー広告 >  日々の考察 >  胎児パワー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

胎児パワー


マッサージの治療院で働いている時、
毎日具合が悪い方、病気の方と接してきました。

治療院ですので、これは当たり前ですよね。
元気な人は治療院に来たりしません。

ただ、例外として元気な方がいらっしゃる場合もありました。


その例外の元気な方は妊婦さんで、少し足のむくみがあり、
実家のお母さんがむくみを心配してマッサージ院に連れてこられました。


私は、ガタイがいい方のマッサージが続いたり、
また病気の状態があまり良くない方が続いたりすると、
自分のエネルギーが減るのがわかります。

エネルギーは、水と同じで高いほうから低いほうに流れるのですよね。

通常では、マッサージにいらっしゃる方より、
自分のエネルギーが低いなどということはありません。

ただ、この元気な妊婦さんの場合は、
ご本人の問題が軽い足のむくみ程度だったのですよね。

しかも、お腹の中の赤ちゃんはこれまた元気な様子でした。

なので、この方のマッサージを終えた後、
自分がすっきりしているのを感じました。

「おお、エネルギーをもらってしまったよ」

患者さんからエネルギーをもらうなんて……とちょっと落ち込んだんですが、
院長に話したところ、「胎児からエネルギーをもらったんだと思うけど、
元気すぎてもお母さんが大変だから、いいんじゃないの」と。

ちなみに院長は4児の父です。

赤ちゃんももちろんエネルギーの塊ですが、
胎児も生まれる前からエネルギーの塊なのですね。

ただ、妊婦さんがみんな元気なわけではありません。
妊娠中毒症など、かなり大変な方もいらっしゃいます。
また、腰がかなり痛くなってしまう方もいるのですよね。

でも、そういう状態の方でも、お腹を触るとやっぱり赤ちゃんはすごいエネルギーのことが多いのです。

妊婦さんがいるとついお腹を触ってしまったりする人は、
ひょっとしたらエネルギーが欲しいと無意識に思っている方なのかもしれません。

赤ちゃんの時はみんな持っていたすごいエネルギー。
それって、どこに行ってしまうんでしょうね。

何かと引き換えに失っていくのかな。


スポンサーサイト
[ 2013年10月24日 22:57 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(2)
胎児は、すごいエネルギーなんですね。娘がお腹の中に居た頃の記憶がまだありますが、そうかもしれないですね。とにかく、体が中から熱かったりしますから。

子供と接していると、ほんと、元気になりますね。
早寝早起き、太陽の下で思いっきり遊ぶ、などを一緒にしていると、さらに元気になっていきます。

エネルギーは、生まれてきたら、他に回していっていいような気もします。減り過ぎたらまたチャージして。という感じでしょうか?
[ 2013/10/25 22:25 ] [ 編集 ]
チャージが問題ですね
やはり、お母さんは胎児のエネルギーを感じますよね。

子供のころって疲れはしますが、寝ちゃえばまた元気を取り戻せました。
大人はどうやってチャージすればいいんだろう……。

たぶん、前に書いたやる気スイッチの秘訣も、
エネルギーチャージにあるんだろうなと思います。

成長に使っちゃうんですかね、エネルギー。
おそらくチャージの仕方は人それぞれの気がします。
月桃さんは、お子さんと一緒にいるとうまくチャージができるのですね。
ただ、エネルギーはもらうものではなく、回すものなんですよね。
なので、月桃さんのお子さんもうまくエネルギーをチャージできているのでしょう。

さて、私のエネルギーの元は何だろうな。
[ 2013/10/26 22:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。