シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  スポンサー広告 >  日々の考察 >  開業する際の試練

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

開業する際の試練

以前、奥山医院の過去生退行DVDをご紹介しました。

私、ヘミシンクは寝てしまうのに、なぜだか過去生は眠ることなく良く見えます。
しかも、この奥山先生のDVDだと過去生に降り立った後、かなり自由に動けるようになってしまいます。

奥山先生のナレーションは、かなりゆっくり場面を探るのですが、
それですと、物語が進行していかなくてうっかり途中で寝てしまったりするので、
先生のナレーションは聞きながら
自分の意志でいろいろ見て回るということをします。


以前観た過去生のお話です。
先生のDVDに「スーパーヒーラーになれる過去生へ」という、
なんだかすごそうなタイトルのDVDがありました。

治療家として独立したい私は「すんごいヒーラーだった過去があれば、
その人が出てきて、いろいろ教えてくれるかも」という、かなり能天気なことを考えてこの過去生に降り立ちました。


降り立ったところは、戦(いくさ)のまっただなか。
戦国時代のようです。

私は、と腕を見ると「すごく太くて毛深いけど……」
そして、自分の身体からいったん出て全身を確認しました。

すごく大きくて、でかくて「これって人???鬼じゃないの」と思いました。
まるで赤鬼のように見えたのです。

これが私で、ヒーラーなの???
とちょっと混乱しました。

私は何の過去生に降りてしまったのだろう。

戦の中で私は相手の弓矢を受けても平気なようで、2、3本軽く身体に刺さっていますが、
まったく気にしていないようです。

私はバサバサという感じで「人を切って」いました。
そして人を殺すことを楽しんでいました。

私は武士ではありませんでした。
農民だったのですが、身体が大きかったため、戦の助っ人として連れてこられていました。

かなり強いうえに、戦に勝てば褒美ももらえて村の人にも喜んでもらえます。

ただ、私が降り立った時の戦はどうも劣勢で、このままこの場所にいるとまずいと思い、自分の村に帰っていきました。


そして、村に帰ると村は山賊に襲われたのか全滅していました。
奥さんと子供も無残に殺されていました。


それを目にした時初めて「自分も同じことをしていた」ことに気が付きました。
その時になって、人を殺すということの意味がわかったようでした。


その時代の私はその後出家しました。
67歳まで生きて死にましたが、死ぬ時も「まだまだ償えていない」と思っていました。

奥山先生のDVDだと上の世界にいくとガイドが出てきていろいろ教えてくれます。

その時にガイドが言ったひとことがいまでも忘れられずにいるのです。


「この時代にあなたが殺した人が、あなたが開業した時に患者で来ます」


それがスーパーヒーラーとつながるのですか……。

スーパーヒーラーになるための過去生のはずなのに、この過去生は何なんだろうってぐるぐるしていたのですが、
こんなオチだとは……。

私の頭でこんなストーリーは考えられないと思うので、きっとこれは過去生としてあったのだろうなと思います。
そして、開業したらいらしていただける予定の皆様、お手柔らかにお願いしたいと思います。

開業するのが怖いと思うのは、きっとこれも理由の一つじゃないのかなと思うのです。
スポンサーサイト
[ 2013年11月24日 21:54 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(8)
開業したら行こうと思っていましたw
つい先日、タマさんが開業したら行ってみたいな、と思ったのと同時に、タマさんにからだを見てもらっている場面が浮かびました。

ちょうど、かかり付けだった先生と縁が薄くなってきたので、いろいろなところに行ってみたりしていたところだったのでw

こちらこそ、お手柔らかにお願いしますw
[ 2013/11/24 22:55 ] [ 編集 ]
こちらこそ
月桃さん、こんばんは。

来たいと思っていただけて光栄です。

ただ、たぶん来る方全員は殺してないと思いま~す。

月桃さんはそうじゃないといいなぁ。
[ 2013/11/24 23:29 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/11/25 09:38 ] [ 編集 ]
たま三郎さま
私も斬られたクチかなo(^_^)o
と想像するとなんだか楽しいw
ちょっと変態
[ 2013/11/25 15:41 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/11/25 23:19 ] [ 編集 ]
ゆみ殿
タマ三郎です。

ゆみさんはねぇ、私切ったなぁって思うの。
でも、私もゆみさんに、切られたか撃たれたかしたみたいなんだよね。

なのでお互い様のような気がする。
でも、個人の恨みじゃなくて、国とか領土とかが原因みたいよ。

今は平和な時代でよかったねぇ。
この文章だけみると、サイコみたいだね(私も相当おかしいわな)。
[ 2013/11/26 01:52 ] [ 編集 ]
ころしころされ
おもしろーい!

占ってみたら、やっぱりお互いころしたことがあるという
結果になりました(^^)記憶にはないけど。
私がタマさんを切ったか撃ったのは戦国時代ではないな。
日本じゃなくて、どこか外国のような気がします。
ヨーロッパのどこかかな。
[ 2013/11/26 19:42 ] [ 編集 ]
やはりね
やっぱりヨーロッパだよね。私もそう思うのよ。
私も記憶にはないけどね(^_^;)

きっと今の時代は集大成な気がするので、
過去生でころしたり、ころされたりした人たちが仲良くしていると思うのよ。

平和な時代でよかったわ。
[ 2013/11/26 22:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。