FC2ブログ
シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  スポンサー広告 >  健康 >  ボケないために

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボケないために


最近、アルツハイマー病と
アルツハイマー型認知症が違うものだと知りました。

ほぼ同じものだと思っておりました。
発症年齢で分かれているのかと。

アルツハイマー病とは、脳が委縮する病気です。
30~50代くらいで発病するもので、遺伝子疾患です。

アルツハイマー型認知症は、脳を使わないために脳が委縮していき、
アルツハイマー病と同じような症状を起こすというものです。
なので、アルツハイマーという名前が入っているのですが、
これはわかりにくいわ。


老人の認知症は、このアルツハイマー型認知症が80~90%を占めるようです。

ということは、この80~90%は予防できるのですよ。

アルツハイマー型認知症ですが、廃用性認知症とも言われており、
この廃用性というのは、例えば、歩かないと足の筋肉が落ちていき、いずれ歩けなくなるというのと同じです。
つまり、毎日同じように過ごし、新しい刺激(考える、感動するなど)が入らないと、
どんどん脳が委縮して使い物にならなくなるわけですね。

私は仕事柄老人と接することも多いのですが、
認知症になっていらっしゃらない方は、いろいろ努力されています。
毎日日記をつけていたり、新しいことを覚えたり(病院の先生や、リハビリの先生の名前など)、
できるだけ歩いたり。

そして、認知症の方は自分が認知症であることは決して認めない方が多いのですよね。
だから認知症になってしまうのかもしれないですが。

どこかの時点できっと「あれ? おかしい」とは考えたはずですが、
「自分がボケたりするわけない」と打ち消してしまったのでしょう。
まだらにボケてしまっている方は、ふっと正気に戻る瞬間があるのですが、
その際でも認知症を認めない方がほとんどです。

私は以前、頭や指をよく使うことをしていたら、認知症になることはないと思っていたのですが、
そんなこともないのですよ。
某旧帝大の医学部を出られて、開業医をされていた方(女性)は、
自分が医師をしていたことはすっかり忘れていらっしゃいました。
この方は趣味で声楽もされていたんですけどね。


さて、どう予防するかですが、
私も「絶対これっ!!」というものが見つかっていません。
予防になると言われているものをされていても、
認知症の方はいらっしゃるのですね。
ですので、これからいろいろ探してみる予定です。
ただ言えるのは「自分がボケるはずはない」と思い込むのは、
とっても危険じゃないかと思います。

そう思い込む人ほど、ボケちゃうことを怖がっているので、
引き寄せるのかなと思います。

スポンサーサイト
[ 2014年01月09日 23:33 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。