FC2ブログ
シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  スポンサー広告 >  健康 >  遺伝的な高脂血症

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遺伝的な高脂血症

私は40歳を過ぎてからLDL(悪玉)、HDL(善玉)とも高めなのですね。
まぁ、高いといっても平均よりちょっと高いくらいなので健康診断でも「要観察」なんですけど、
そんなに油っぽいものばっかり食べているわけでもないし、
なぜ高脂血症???と思っていたのでした。

それの原因がどうも遺伝的なものらしいのですよね。
というのも、某国営放送で「アキレス腱が太い人は家族性(遺伝性)高脂血症の可能性が高い」というのをやっていました。

足のアキレス腱をつまんでみて、横幅が2cm以上あったらこの家族性高脂血症だという可能性が高いということです。
これはオランダの医師が発見した方法で、

血液中にコレステロールがたくさんある → コレステロールは、血管の傷にかたまりやすい(傷に付く)
→ アキレス腱も身体の中ではよく伸びたりするため傷が多い → 血管だけではなくアキレス腱にもコレステロールが溜まる
→ アキレス腱が太くなる

のだそうです。
元々コレステロール値が高い人は心臓疾患(心筋梗塞)を起こしやすいのですが、
このタイプは、そうでない人とくらべて13倍も高いそうです。

怖いですよね。遺伝性の場合、高いと言われて食事に気を付けても、運動をしても下がったりしません。
というのも、元々身体の中の機能としてコレステロールを処理する能力が低いということなのです。


私のアキレス腱は2cmちょうどくらい……。
私の母は高脂血症で十数年前より薬を飲んでおります。
うちの母親、脂っこいものは年の割には好きですが、
運動は週3回くらいやっておりました(テニスとバレーボール)。
これだけ動いているのは、私の母の年代では驚異的ぐらいの運動量でしたので、
母親が高脂血症と聞いて「食べ物のせいかな」と思っていたのですが、
母も遺伝性ですね。


徹底的に油を抜くか、もっと違う部分で何かできるのか、
どうなんだろう。

まぁ、遺伝的となると今は薬に頼るみたいになってしまうのですが、
治療家として、それはくやしい。

治療(鍼とかお灸など)で何とかならないものか。
いろいろと試してみたいと思います。


ただ、原因がわかってよかった。
わからないままやっていると、効果が出ないばかりか、
逆に高くなっていった時にどうすればいいのかわからなくなりますから。

ということで、高脂血症対策も頑張ってみたいと思います。

スポンサーサイト
[ 2014年03月28日 18:23 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。