FC2ブログ
シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  健康 >  老眼と戦う その2

老眼と戦う その2

老眼と戦って、早1年になろうとしております。
眼筋のトレーニングなどは続けていますが、一進一退な感じなのです。

電車の待ち時間に目を右回りでぐるぐる、左回りでぐるぐるとか、
近くをみたり、遠くをみたりしておりますよ。

でも、ちょっと良くなったと思うと、
少し目が疲れて体操しないとあっという間に焦点距離が長くなります。

どういうことよ、これ。

先日、本屋に行って本をパラパラしていると、
「メガネないと見えない」くらいになっておりました。


進んでねぇか、老眼。
おかしいだろうが……と自分に憤り。


さて、何が問題なのか。

今日、書類を読むのに頑張ってメガネなどは使わずにおりました。
ただ、読んでいるうちにイライラするんですよね、読みにくくて。

その時、無意識に額を上に引き上げるような動作をしておりましたが、
なんとなく「読みやすいわ」ということに気が付きました。

ひょっとして、眼瞼下垂しているのか???
眼瞼下垂というのは、瞼が上がりにくくなる病気です。
ひどい場合は、手術をしなければならないですが、
ただ、私は瞼があがりにくいというほどの違和感はありません。

そりゃ年を取ってくれば瞼くらい少しは下がるわな……とちょっと年のせいにしてしまいそうでしたが、
そこで考えました。

瞼の筋肉は1分間に15~20回も瞬きをするため、病気にならない限り、筋肉の動きが悪くなったりはしません。
もちろん、疲れることはあるでしょうけどね。

眼筋を鍛えても治らない、また瞼を少し引き上げると見やすくなるのであれば……骨が問題なのではないかと。

目が収まっている眼窩を構成する骨は、
前頭骨、頬骨、篩骨、蝶形骨、涙骨、上顎骨、口蓋骨という7つもの骨で作られています。
顔の骨なんて、動かないと思っている方は多いと思いますが、
顔や頭についている筋肉が緊張すると骨は動いてしまいます。
やはり顔の筋肉は年とともに少しずつは下に落ちていくため、
それにひっぱられたら、骨の形も変わっていくのですよ。

それに、7つもの骨で構成されているため、ひとつでも筋肉に引っ張られて形がおかしくなってくると、全部に影響しますね。
しかも、かなり小さな骨が3つもあります。
学校で習ったはずだがな。調べるまで「眼窩を構成する骨は3つくらいだったよな」と思っておりました。

なんとなく、こっちをなんとかしないと、眼筋の筋トレだけしてもダメじゃないかという気がしてまいりました。

頑張って、骨の調整をしてみよう。
そこから眼筋を動かせばきっと老眼は治るぞ。

あと、反射区でも調整してみようと思っております。

うまくいったら「老眼を治す鍼灸師」として売り出そう。
うまくいったらだけど。

スポンサーサイト
[ 2014年04月25日 22:48 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(2)
それ
夫にやって欲しい
[ 2014/04/26 20:23 ] [ 編集 ]
ちょっと研究してからね
前、小顔矯正の講座に行って、顔の骨の動かし方は習ったんだよね。
自分の顔で試したら、シワが減ったり、顔がすっきりしたりしたのがわかったので、
動かす感覚は大丈夫だと思われます。

問題は、どう動かせば眼窩が広がるか(広がりすぎている場合は狭くするか)というところなんだけど、眼窩を構成する骨は、頭の筋にもつながっており、
頭の筋や骨は当たり前ですが、背骨につながり、そこから腰骨や足の骨にもつながっていますね。
まぁ、全身の影響を受けているんだと思います。

こうなってくると、O脚やX脚がある場合や、
もしくは背骨のいくつかが、目に影響しているのかも。
そのあたりも調べないとね。
どうやって調べるかなぁ~。
今考え中です。

全身の調整になってくると、自分で自分の体はできない部分もあるため、
誰かモデルを頼まないとダメだなと思っております。
その際は旦那さんにご協力を要請するかも。
よろしくね。
[ 2014/04/26 23:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL