シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  スポンサー広告 >  健康 >  掃除をしたいけれど、身体が重い時には

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

掃除をしたいけれど、身体が重い時には

私は掃除が嫌いなのです。
やりたくても、できないというか。
片付けたいと思いながら、なかなか片付けられない。

ちらかっていても、自分で「それでいい」と思っていれば、
周りがどう思おうが、ストレスにはなりません。


でも、「もうちょっと片付けたいけど、面倒」という場合、
それはストレスになるんですよね。


そんな「どうしても片付けなきゃ」というときにやるのは、
数年前読んだ本(整体の本でしたが、タイトルが思い出せません)で紹介されていた、
腰にゴムバンドを巻くという方法です。

よく、骨盤が開いているとダイエットができないとか、
太りやすいなど書かれていますが、
骨盤は、開いたり閉じたりを繰り返しています。

なので、閉じればいいというわけではないのですよね。

ただ、動きが悪いと問題が起こります。


特に頭を使い過ぎている時など、
身体は疲れていないのに、骨盤の動きが悪くなることがあります。

なぜかというと、頭がキュッとしまってくると、
骨盤が緩んでしまうという。

逆に、骨盤がキュッとなっていると、頭が緩んでくるのですね。

連動しているのです。


なので、この腰にゴムバンドを巻く方法は、骨盤を絞めることで、頭を適度に緩ませる効果があります。


ゴムバンドの巻き方ですが、

骨盤画像


←の位置にゴムバンドを巻き、
赤丸のところ(左前)でそれを結びます。


言葉で説明すると、腰に手を置いたとき、手の平に骨盤を感じると思います。その骨盤を下にそのままなぞっていくと、触れなくなる場所がありますが、図のはその部分を示しています。その部分にゴムバンドを巻きます。
足の付け根より少し上ですね。
そして、左前(赤い丸の部分)でそのゴムバンドを結んでください。

そうすると、頭がすっきりして、身体も動いて片付けられるという。

私が試したもので一番都合がよかったゴムバンドは、
「巻くだけダイエット」などの本についていたものですね。

ちょっと幅広のほうがいいです。

ゴムバンドを巻くときは、あまりきつく締め付けず、
でも、落ちてはこないくらいの強さです。
洋服の上から巻くので大丈夫です。
(きつく締め付けすぎると、血行不良になって危ないです)。

ただ、ゴムバンドの難点は、結構すぐにゴムが伸びて使えなくなってしまうことでしょうか。


この腰にゴムバンドを巻くと頭がすっきりする効果は、だいたい1回2時間くらいです。
なかなか強力なので、今日は片付けなきゃという日に使っています。


スポンサーサイト
[ 2013年03月24日 00:29 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。