FC2ブログ
シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  スポンサー広告 >  堤先生の教え関連 >  コロイダルシルバーとは何ぞや

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コロイダルシルバーとは何ぞや

堤先生の授業は、ダウジングだけではなかったのですよね。

その中の1つが「コロイダルシルバー」でした。
コロイダルシルバーとは、銀イオンを水に溶かしてあるもので、
飲むとウイルスを殺してくれるのではないかと言われているようです(薬ではないです)。

Amazonで検索したら、今日本でも売っているんですね。
私が教えてもらった当時は、今みたいに日本で買うことは無理だったと思います。

なので、堤先生、自分で作る道具を販売してくれました。
ほぼ実費だったので安かったと思います。実際の金額は覚えていないのですが。

ただ、これを飲み続けると皮膚が青くなってしまうらしいです。
副作用は特にないとのことですが、銀イオンが血管に蓄積してしまうのでしょうか。

ペンジュラムで、「コロイダルシルバー」がインフルエンザなどに効くか、
聞いてみました。

インフルエンザに効きますか …… Yes
SARSには効きますか  …… Yes
風邪には効きますか …… No
炭疽菌には効きますか …… No

と出ました。
インフルエンザは自分がかかりそうな場合、試せますが
あまり日数飲みすぎると、皮膚が青っぽくなってくるという……。

どうでしょうね。

私は鍼灸師ですが、銀でできた鍼を使うことがあります。
昔から銀鍼は感染したりしないので、殺菌しなくても大丈夫だと言われていますね。

ただ、昨今殺菌していないものを使うわけにはいかないので、
この頃はちゃんと殺菌済みのものが販売されています。
私も使用しているのは、殺菌済みのものですが、昔から日本人はわかっていたのでしょうか?

元々なぜ銀イオンを溶かしたものを飲むと、ウイルス感染を予防できるかとなったかですが、
堤先生のお話だと、ヨーロッパでは貴族の家には銀食器があって、銀食器で食事をすることにより、
微量な銀イオンが身体に取り込まれ、皮膚の色はより青白くなっていくのだとか。

そして、貴族は感染症にかかりにくいということが実際にあったようです。


でも、銀イオンだと安いからねぇ……。
もうかりませんよね、いろんなところが。

まぁ、そういうことですよね。

スポンサーサイト
[ 2013年03月25日 23:36 ] カテゴリ:堤先生の教え関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。