シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  スポンサー広告 >  健康 >  日野原先生の呼吸法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日野原先生の呼吸法

日野原先生の講演会で参考になったことがもう一つ。
呼吸法です。

通常は、吐いて、吸ってと交互に繰り返しますよね。
私はそうです。

でも、日野原先生は、
通常は、吐いて吐いて吐いて吸う
階段登るときは 吐いて吐いて吸う

というふうに、まず二酸化炭素を外に出しなさいということでした。

階段を上る時など、かなり息切れしてしまうほうなので、
試しに吐いて吐いて吸うというリズムで登ってみました。


そうしたら………前より苦しくなかったです。

日野原先生ありがとう。

呼吸法が出来ていない人が多いので、発声法を勉強するといいともおっしゃっていました。


呼吸っていうのは、全部吐ききらないとダメなんですね。
苦しいときほど吸ってました

苦しいときほど、出さないとだめなんですね。

スポンサーサイト
[ 2013年04月07日 00:37 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。