シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  スポンサー広告 >  日々の考察 >  老眼と戦う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

老眼と戦う

私はずっと視力がよくて、小学生のころから視力検査は左右とも1.5
もしくは2.0なんていう遠視に近いくらいのいい視力でした。

今でも1.5か1.2ぐらいはあるのですが、最近近くが見えずらいのですよ。


4~5年前に眼科に行った際「老眼が早いかもしれませんね~」と言われました。

老眼てなんぞやと思っていたのですが、なりかけてみると
よくわかるのでした。

近くがぼやけるんですけど……。

しかも、手を伸ばしたくらいで視点が合ったりするんですよね、これが。

もともとメガネなどしたこともないし、あんまりしたいと思わないので、
断固として買わずにいたのですが、書き物をする際、視点が合わなくて書きづらい。

しょうがないので、100円均一で、老眼鏡を買ってみたんですよ。

そしたら、明るくなって見えやすい……。


あ~いやだなぁと暗くなっていたら、
眼科の先生が書かれた老眼でも治りますという本を見つけました。

やっぱり治るんだよね。だって、筋肉の衰えだもんね。
と、開き直り、今できそうなものだけ実践中です。

そして、80歳を過ぎた方でも老眼にならずに過ごしている方、お二人との出会いもありました。

お二方とも、一度は老眼のようなものになったそうなのですが
「いつの間にか治っていた」とのこと。


頑張りますよ、私は。


また、眼科の先生の本のおまけについていた、ピンホールメガネ。
これ、切り抜きできる紙製のメガネですが、
正直ペラペラで使い物にはなりませんでした。

なので、自分で見つけてきました。


メガネ


こちらも100円均一で売っています。
アマゾンでも、同じようなメガネの評価がありました。
1年くらい使うと視力が戻ると(老眼ではないですが)。


不思議なんですが、このピンホールメガネをかけて
本を読んでいると、字が大きく見えるんですよ。
別にレンズが入っているわけでもないのに。


また、老眼の人は寄り目ができなくなるらしいので、
気が付くと人がいないところで寄り目をしています(いるところでやるのはね、変な人って言われそうだし)。

そして、時々やっているのが、お茶を飲みながら
遠くをみて(10~20m位先)、その後すぐ顔の先5cmくらいに指を持ってきて、そこに視点を合わせるというストレッチ。

カメラのレンズみたいに、焦点がきゅっとなるのがわかります。

でも、これがわかるようだとまだまだストレッチ不足。

これを本を読む間に繰り返すと、だんだん焦点が近くなってきます。

と、こういう地味な努力は実るのか。


私はピンホールメガネを1日10分使った場合、どのくらいで老眼が治りますか?


1か月 …… No
2か月 …… No
3か月 …… Yes

1日10分つけられるかなぁ。
忘れそうですが、老眼は不便なので頑張ります。

スポンサーサイト
[ 2013年04月28日 22:22 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(3)
老眼治る
この情報、ありがたいわあ!
[ 2013/04/29 05:44 ] [ 編集 ]
100円均一はダイソーですか?
この眼鏡心から欲しいです(笑
[ 2013/04/29 17:50 ] [ 編集 ]
お役に立てれば
if様

やっぱり老眼じゃないほうがいろいろと便利ですよね。
3日坊主にならないよう、頑張ってみたいと思います。

カナ様
ピンホールメガネはダイソーで購入しました。
でも、大きめの店舗でないと扱っていないと思います。
今日、小さい店舗に行ってみましたがありませんでした。
たぶん他の100円均一でも大きい店舗ならあると思うんですけどね。

[ 2013/04/29 19:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。