FC2ブログ
シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  スポンサー広告 >  日々の考察 >  お薬について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お薬について

ジェネ○ック意訳品というのがありますね。
特許が切れた後に、別のメーカーが作る薬です。
元の薬と同等の有効成分で同等の効果があると言われているもので、価格も安くなっています。


薬の開発には時間もお金もかかりますが、それがかからない分安いんですよね。

私は去年の今ごろ、ひどい風邪を引いたのですが、
咳が止まらず、でも仕事は忙しい状態でしたので、めずらしく医者にかかりました。

咳止めの薬を出してもらったのですが、その際薬局で「ジェネ○ックのお薬もありますが、どうしますか?」
と聞かれました。

同じ成分で同じ配合なら、同じように効くと思うじゃないですか。

でも、私はちょっと前に気になることを聞いていたのでした。


とある病院の元院長で、とある大学の元教授でもあった先生なのですが、

「ジェネ○ック意訳品てさぁ、本当に同じ効果が出るかって、臨床試験してないからわからないんだよなぁ。
だから、僕が診察する場合だけど、年寄りはいいんだよ、もう先がないからジェネ○ックでもね。
でも、若い人はさぁ、効くかどうかわからない薬を出したくないから、薬もらう時に『ジェネ○ックはやめとけよ』って
ひと言いっておくんだよ」って。


それを聞いてから、とりあえず薬局で「ジェネ○ックにしますか?」と聞かれても、
「ジェネ○ックじゃないやつで」と答えて処方してもらっています。

効果が薄いだけならいいですが、違うかもしれないですし……。


ということで、ペンジュラムで調べてみました。


ジェネ○ックは元のお薬と同じ効果がでますか …… No

一部の薬の効果が違うのですか …… No

ほとんどの薬で効果が違うのですか …… Yes

致命的なほど違いますか …… No

ジェネ○ックじゃないほうがいいですか …… Yes


思ったより、結果がはっきり出たので自分でもちょっとびっくりしました。

どこが問題なのかですが、
薬によって制作過程が違ったり、
原材料の抽出方法が違ったりするらしく、
そのあたりで違いが出ているようでした。

また、意識レベルも元の薬の方が高いようです。


やっぱり私は「ジェネ○ックじゃないほうで」
お薬は出してもらおうと思います。
スポンサーサイト
[ 2013年05月10日 21:27 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(3)
やっぱり
意識レベルからして違うのかぁ(´・ω・`)
ジ○ネを処方されるとすごく安くなるのですが
薬効がイマイチな時がありますよね。
記事を読んで納得です^^
タマさんありがとう!
[ 2013/05/12 11:01 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/05/12 14:06 ] [ 編集 ]
そうでしたか
カナさん、こんばんは。

この内部情報を教えてくれた先生は、結構偉い先生なのですが、
いいものはいい、ダメなものはダメと教えてくれる方でした。

まぁ、あまり薬のお世話にはなりたくはないのですが、
いざという時には、効くもののほうがいいですよね。

[ 2013/05/12 22:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。