FC2ブログ
シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  スポンサー広告 >  日々の考察 >  MERS(マーズ)ウイルスについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MERS(マーズ)ウイルスについて

MERS(マーズ)ウイルスが流行するかもしれないそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130605-00000040-mai-soci


新型のコロナウイルスだということですが、
SRASウイルスもコロナウイルスの一種だったですよね。

現在、治療薬はなく対処療法しかないのだとか。

潜伏期間が長いため、旅行から帰ってきてもすぐにはわからないようです。

中東から出てきたウイルスらしく、中東呼吸症候群(MERS)という名前がついています。
呼吸症候群という名前がついているにもかかわらず、消化器症状や、腎不全なども起こすようです。

感染53人中30名死亡という高い致死率であり、
潜伏期間が9~12日とかなり長いというのも気になります。

新型インフルエンザで、非常に毒性が強かったH5N1型は、
その毒性が強すぎたため、流行までは至りませんでした(流行を起こす前に患者が死んでしまうので)。



なので、こういう潜伏期間が長いものが作られたのかなぁ。
感染経路がわからず、コロナウイルスの変異っていうのは……作ったんでしょうね。


MERSウイルスは作られましたか …… Yes


今回は潜伏期間が長いため、日本も対岸の火事とはいかないかもしれませんね。

でも、SARSが流行った際、アジアでの流行があったにもかかわらず、
日本では流行りませんでした。


今回、日本で流行はありますか …… No

日本人は感染しますか …… Yes

日本以外の地域で日本人が感染しますかね???

以前のSARSウイルスでは、銀イオンが効くようだとペンジュラムで出たのですが、
今回のものは効くのでしょうか。

銀イオンは、このMARSウイルスには効きますか …… Yes

予防にもいいでしょうか …… Yes


中東、欧州での感染者が出ていますが、ご近所に中東から帰国した方がいらっしゃる場合、
気を付けたほうがよいかもしれません。

でも、MARS(マーズ)というと、SF映画の「マーズ・アタック!」を思い出すんですが……。
ティム・バートンが監督した映画でしたね。
火星人が一方的に侵略しようとするんですが、最後とある音楽の周波数が火星人には致命的になり侵略は失敗。
何かの音が有効なのかなぁ。

と思って聞いてみたら、 …… Yes
だそうです。

昔から考えているのですが、病気ってそれ特有の周波数があって、
それを打ち消すことができる周波数を当てると消せるのでは……と思っています。


でも、探すのが大変そうだわ。


スポンサーサイト
[ 2013年06月05日 22:03 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。