FC2ブログ
シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  スポンサー広告 >  健康 >  自分の感情と向き合う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分の感情と向き合う


先日は怒りのエネルギーを意図せず発散してしまいました。

治療院にいらした患者さんで、
「何にも悪いことしていないのに、なんでこんな病気になったんだか」
という方がいますが、私は今までも
「それはあなたが意識してないだけで、絶対何かやっているはず」
と心の中で思っていました。

まぁ、私も同類だったわけですね。
怒りや悲しみなどが溜まった時に爆発する感じなんでしょうか、病気。


うちの父は30代後半から腰を痛めました。
椎間板ヘルニアだったのですが、
私が鍼灸師の免許を取る前に手術する一歩手前まで行ったことがあります。
痛すぎて我慢できないと。

今は椎間板ヘルニアは手術してもあまり意味がないということがわかってきました
(尿や便が出なくなったり、足がしびれて歩けない場合などは手術しないとダメですが)。

父が手術したいと言った時、私はろくに知識はなかったのですが、背骨の手術なんていいわけないと思い
「絶対手術してはいけない」と最後まで反対しました。
その後いろいろありましたが、結局手術は回避しました。

この時父の腰痛の意味はわからなかったのですが、
父の退職間際に「そうか」と思ったことがありました。

うちの父はお酒が苦手で、ほとんど飲みにいったりしません。
仕事が終わるとまっすぐ家に帰ってくる人でした。
また、役職についた時、ゴルフ接待をしなければいけない時期がありました。
これは父にとって、すごくストレスだったようです。

結果、腰痛になってゴルフはできない。
また、飲み会で少し飲んだりするとあっという間に腰が痛くなって、
同僚に送られて家に帰ってくるということがよく起こりました。

腰痛は父にとっての逃げ道になっていました。
とりあえず腰が痛くなるとその場から逃げられるという。

まぁ、これでストレスから逃れていたのですから、いいかと思います。

そして、不思議だったのは普通自分が腰痛に悩まされていたら、
それはどういう理由で起こるのか、またどうやったら楽になるのか考えると思うのですが、
うちの父はいっさいそれをしませんでした。

自分の身体なのに、この人は興味がないのかと思ったのですが、
父にとっては腰痛が治らないほうがいいのだと後でわかったのでした。

なので、うちの父だけではなく、好きで病気になっている方はたくさんいるのですよ。
しかも治りたくないので、病気に向き合ったりできません。
だって、自分にとって都合がよいのです、病気のほうが。

ペンジュラムで聞いてみました。


ストレスを回避するために病気になったほうがよい …… No

その病気がひどくなって、引き返せなくなることがある …… Yes


究極はガンだと思いますが、もう治らない状況になって
初めて向き合うという方もいらっしゃいます。

でも、それだと遅いのですよね。
なかなか自分の病気と向き合うのはつらいですが、
それが何を意味しているのか、何がストレスなのか、
身体が不調な時には、自分に問いかけてみるチャンスなのかなと思ったりします。


ちなみに、うちの父は腰がいまでも時々痛いようですが、
猫と遊んでいれば気にならないようです(うちの父は私より猫好きです)。

ヘルニア切らなくてよかったなって思っています。
切ってもし治っていたら別の病気になるか、
または切っても治らないというか、
逆にひどくなっていたかもしれませんから。




スポンサーサイト
[ 2013年07月01日 20:30 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(4)
ぬこ様の不思議なパワー
>猫と遊んでいれば気にならないようです

ちょっと笑ってしまいました(*´ω`)なごむ~
うちの父も椎間板ヘルニアです。
「足が痺れる、何でだ何でだ!?」って1日中
うるさいけど、病院には行きたがらないし
治そうという意識があまり無いですねw

[ 2013/07/02 20:01 ] [ 編集 ]
わが親ながらちょっと気持ち悪いです
ぬこ様すごいですよ。

でも、自分の親ながら猫かわいがりで気持ち悪いです。
昔はずっと腰が痛い痛いとうるさかったのですが
(かまってちゃんだし、同情してほしいのです)、
ぬこのエサ、ぬこのトイレ掃除、そしてぬこのお相手をしていると、
腰が痛いことは忘れているようです。


そして、ゆみさんのお父さんは何から逃げているのでしょうね。
でも、ゆみさんにかまってほしいだけかもですよ~。
[ 2013/07/02 22:22 ] [ 編集 ]
ぬこ神
猫神さまスゴすぎる。

そーなんですよ、母という妖怪がいるので
父も「俺もう無理!俺たいへんなの!」ってアピってるのです。
気持ちはわかるけど、放置の方針でw
[ 2013/07/03 00:03 ] [ 編集 ]
そうかぁ
母という妖怪とは……なに???

お父さんはゆみさんに助けてもらいたいのですね。
ということは、ストレスの元はお母さんということか。

まぁ、夫婦の問題ですから、そこは放置でよろしいかと(^_^;)
[ 2013/07/03 19:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。