FC2ブログ
シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  スポンサー広告 >  日々の考察 >  はだしのゲンの閲覧制限はおかしい  追記があります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はだしのゲンの閲覧制限はおかしい  追記があります

「はだしのゲンはピカドンを忘れない」という本を初めて読んだのは、中学生の頃でした。

夏休みの読書感想文を書く本を何にしようかと選んでいて、この本を見つけました。

手元にないので、はっきりと覚えていないのですが、
半分くらい漫画だったような記憶があり、
先生に怒られるかと思いきや、「いい本を選んだね」と言われました。

原爆の被害にあった方々が、水を飲みたがり、
でも水を与えるとすぐに死んでしまうことや、
皮がはがれ、まるで幽霊のようにして歩く人々の描写など
今でも強烈に残っています。

中学生には強烈な本でしたが、でもそれだから読むなとは思いません。

広島の原爆資料館でも、被ばく者をイメージした人形が怖いので撤去するということが話題になりました。
2016、17年のリニューアルの際に撤去する予定だとか。
私はあの人形を見た時に「はだしのゲン」を思い出しました。

確かにあの人形は怖いけれど、でも撤去していいのか。

なぜ今この時期に漫画の閲覧制限と
人形の撤去が重なるのか。

都合の悪い人がいるんでしょうかね。
日本人にとっては、いずれも重要な戦争の記録です。


広島の原爆資料館に行く前に、
長崎の方を先に見たのですが、
長崎の資料館は途中で気分が悪くなってしまいました。

展示物を見て気持ちが悪くなったわけではなく、
平衡感覚がおかしくなってしまったのです。

まっすぐ歩けない……。

一緒に行った友達に外で待っていると伝えて、先に出ました。

私は外に出るとさっきまでの感覚がうそのように治ってしまいました。
そして、その時ふっと「私は長崎で被ばくしたのかもしれない」と思いました。

その頃の私はかなりの現実主義者でしたから、
そんなことを自分が思うのはおかしいと思いました。


さて、その時の疑問をペンジュラムで聞いてみました。


私は前世、長崎で被ばくして死亡しましたか …… Yes

私は3歳の男の子でしたか …… Yes

今の日本人は、広島長崎で被ばくして、わりと早い時期に
生まれ変わっている人が多いですか …… Yes

それは、原爆の怖さを知らしめるために犠牲になったということですか …… Yes


結局この犠牲に意味はあったんでしょうかね。
日本人はもうちょっと行動しないとダメかもしれません。


8月22日追記
今日、友人に「はだしのゲンは、タマさんが思っているような内容じゃないと思う」と言われて、確かに漫画そのものは読んでいないこと、また、私が読んだ「はだしのゲンはピカドンを忘れない」ですが、30年以上前に読んでいて、原本は手元にない状態であり、確認しないで書いたことなどから、きちん現物を読んでからまた改めて記事を書こうと思います。
適当なことを書いてしまってすみません。

スポンサーサイト
[ 2013年08月20日 23:14 ] カテゴリ:日々の考察 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。