シュレーディンガーの猫を探して TOP  >  スポンサー広告 >  健康 >  歯痛だって、何とかなるさ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

歯痛だって、何とかなるさ


もう、だいぶ前のことですが前歯がとても痛くなりました。
とにかく物が食べられない。
痛さからいって、これは虫歯がそうとう進んでいるはずと思った私は、
知り合いの歯医者さんに行ったのでした。

この歯医者さん、Oリングという筋反射を使って歯の治療をします。
Oリングの発案者の大村恵昭先生のセミナーも受けて免許皆伝しているという方でした。

はじめに、レントゲンを撮りましょうということで、
レントゲンを撮ってみたところ、別に炎症は起っていないのです。

そのレントゲンを見ながらその先生「ちょっとOリングで調べてみようか」と。

質問は口に出して言わないのです。
なので何を聞かれているのかわからないのですが、
「へぇ~、そうなんだ」とか、「じゃ、こっちは?」などとやっています。

結局、歯そのものの炎症ではないようで、「どうする? 削ってみる?」というのでした。

虫歯じゃないのに、削るのは嫌だと思ったので、

「ストレスかどうか聞いてください」とお願いしたところ、
「ストレスだって~。でもストレスでこんなに痛くなるかね」とちょっと不満げでした。

ストレスが原因で歯茎が腫れたり、歯が痛くなったりは確かにあるんですが、
それにしても痛さが尋常じゃなかったのですよ。

その先生曰く「なんで歯が痛いと大変だかわかる? 手とか足が腫れても外に逃げる場所があるからまだいいんだけど、歯茎の中じゃ逃げ場がないからすごく痛くなるんだよ」と。
だから念のため削りましょうって言われたんだけど、虫歯じゃないならどうしても削りたくない。

「Oリングで削っていいか聞いてください」と言って聞いてもらったところ、
なんと私の身体は

「自分で治すからいい」と答えたとのこと。


まぁ、頑固者。


歯医者の先生もちょっとあきれ気味でしたが、今思うと削らなくてよかった。

元々の原因は仕事のストレスで、職場環境が問題だったのですぐには改善できませんでした。
でも、自分で鍼とお灸でなんとかしたのです。

その先生に次にお会いした際「先生、治った」と言ったら
「自分で治した人初めてだよ」って笑ってました。

まぁ、自分の身体ですからね、何があっても自分の責任ですよ。

ちなみに、今歯医者に行ったほうがいいか(虫歯があるか)ペンジュラムで聞いたところ、

No

でした。



教訓:何かおかしいと思ったら、専門家に診てもらいましょう。
でも、医者のいいなりになるのはやめましょう。

本当に虫歯だったら自分で治せてませんけどね。
スポンサーサイト
[ 2013年09月01日 22:53 ] カテゴリ:健康 | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/09/09 21:32 ] [ 編集 ]
たぶん、覚えております
Mさん
たぶん覚えていると思います。違っていたらすみません。
歯医者の先生は「もし万が一があったら困るから削りたい」と言ったのですが、
レントゲンにも写ってないしねぇ。

痛くなっても、私の責任だしと言ってやめてもらいました。
結果的にはよかったんですけどね。
でも、痛さが尋常じゃなかったんですよ~。

Oリングでの治療ですが、普通の患者さんにはあまりやっていなかったみたいです(怪しいので)。
[ 2013/09/09 23:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。